So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジュピターズ・ムーン [DVD評価]

JupitersMoon.png

MOVIE評価(30点)

出演:メラーブ・ニニッゼ、ゾンボル・ヤェーゲル、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイ
監督:コーネル・ムンドルッツォ
時間:128分
2017年(ハンガリー・ドイツ)

【難民を神聖視した映画】

 ハンガリーの一風変わったSF映画。

 不法移民のアリアンは、国境警備隊に銃撃され瀕死の重傷を負うが、シュルテン医師によって救われ、なぜか空中浮揚(重力を操る力が身に付く)ができるようになる。
 医療ミスを犯したことでお金に困っていたシュルテンは、アリアンの超能力をお金儲けに利用するのだが…。

 不思議な感覚の空中浮揚が話題になった作品で、世間の評価も結構高いので期待していたのだが、実際に観てみると、よく解らない映画だった。こんな暗くて退屈な映画がなぜ高評価なのか?というのが正直な感想だった。

 多分、移民問題がベースになっているので、地に足を付ける必要の無い人間を描くことで、国境に縛られない人間の姿を神に模して描きたかったのかと…(笑)。

【公式サイト】ジュピターズ・ムーン

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画