So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

X-ファイル 2018 [DVD評価]

X-FILE2018.png

MOVIE評価(65点)

出演:デイビッド・ドゥカブニー、ジリアン・アンダーソン、ミッチ・ピレッジ、ウィリアム・B・デイビス、マイルズ・ロビンス
監督:クリス・カーター
2018年(アメリカ)

【『X-ファイル』最終章】

 『X-ファイル』のシーズン11に当たる作品(全10話)。

 さすがに、モルダーもスカリーも老けたな…というのが第一印象だったが、良くも悪くも『X-ファイル』だった。良くできたエピソードもあれば、これはいただけないというようなエピソードもある。総じて言えば、少しクオリティが落ちたかな…というのが正直な感想だった。

 ジリアン・アンダーソンが、これが最後と言っているそうなので、多分、本作が本当の最終作なのだろうと思う。ただ、保険をかけたのか、ラストはまだ続きそうなオチで終わっており、悩ましい(笑)。

【公式サイト】X-ファイル2018

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジュピターズ・ムーン [DVD評価]

JupitersMoon.png

MOVIE評価(30点)

出演:メラーブ・ニニッゼ、ゾンボル・ヤェーゲル、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイ
監督:コーネル・ムンドルッツォ
時間:128分
2017年(ハンガリー・ドイツ)

【難民を神聖視した映画】

 ハンガリーの一風変わったSF映画。

 不法移民のアリアンは、国境警備隊に銃撃され瀕死の重傷を負うが、シュルテン医師によって救われ、なぜか空中浮揚(重力を操る力が身に付く)ができるようになる。
 医療ミスを犯したことでお金に困っていたシュルテンは、アリアンの超能力をお金儲けに利用するのだが…。

 不思議な感覚の空中浮揚が話題になった作品で、世間の評価も結構高いので期待していたのだが、実際に観てみると、よく解らない映画だった。こんな暗くて退屈な映画がなぜ高評価なのか?というのが正直な感想だった。

 多分、移民問題がベースになっているので、地に足を付ける必要の無い人間を描くことで、国境に縛られない人間の姿を神に模して描きたかったのかと…(笑)。

【公式サイト】ジュピターズ・ムーン

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

犬猿 [DVD評価]

KENEN.png

MOVIE評価(70点)

出演:窪田正孝、新井浩文、江上敬子、筧 美和子
監督:吉田恵輔
時間:103分
2018年(日本)

【主人公は「ニッチェ」の江上敬子】

 「犬猿の仲」を描いた作品であり、「性格が対称的な兄弟」と「容姿が対称的な姉妹」4人を描いた群像劇風ドラマ。監督は『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔。

 あまり期待せずにレンタルしてみたが、予想外に面白い作品だった。特にお笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子が良い味を出していて何度も笑えた(笑)。こんな役柄を演じるのはなかなか勇気がいることだと思うが、吹っ切れた感じが笑いを誘う。

 本作が江上敬子にとっては映画デビュー作だと思うが、ある意味、主演女優賞も狙えるレベル。今後、オファーが殺到するかもしれないが、こんな役柄ばかりだと、この映画のように気が滅入るかもしれない(笑)。

【公式サイト】犬猿

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ガーディアンズ [DVD評価]

GUARDIANS2017.png

MOVIE評価(60点)

出演:アントン・パンプシニ、サンザール・マディエフ、セバスチャン・シサク、アリーナ・ラニナ、スタニスラフ・シリン
監督:サリク・アンドレアシアン
時間:89分
2017年(ロシア)

【ロシア製劣化型『X-MEN』】

 「ロシア版『X-MEN』」として話題となったヒーローアクション。

 CGはそれなりによくできている作品だったが、『X-MEN』というよりも、いろんなハリウッド映画からアイデアをパクったような映画だった。
 キャラは『ファンタスティック・フォー』と似ているし、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のようなラストもパクリっぽい。
 トボケた感じのボスキャラも安っぽく、これなら、『クリッシュ』のボスキャラの方がはるかに上。

 ストーリー的にもテンポが速すぎると言うか…、150分位の長編にして、もう少し凝ったストーリーなら評価もできるのだが、惜しい。子どもが観る分にはノープロブレムかもしれないが、大人の目は欺けない(笑)。

 本作は「TSUTAYA先行レンタル」です。

【公式サイト】ガーディアンズ

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アクト・オブ・バイオレンス [DVD評価]

Acts of violence.png

MOVIE評価(65点)

出演:コール・ハウザー、ショーン・アシュモア、アシュトン・ホームズ、メリッサ・ボローナ、ソフィア・ブッシュ、ブルース・ウィリス
監督:ブレット・ドノフー
時間:92分
2018年(アメリカ)

【ブルース・ウィリスは主役ではなかったが…】

 ブルース・ウィリス出演(主演ではない)のクライム・アクション。

 3兄弟の末っ子の婚約者が人身売買組織に誘拐されたことで、3兄弟が法を犯して人身売買組織に復讐するというストーリー。ブルース・ウィリスは、汚れた警察組織の人間なので、組織には手が出せないという設定。

 毎度のことながら、ブルース・ウィリスがチョイ役で登場する映画だったが、意外にも緊迫感のある作品だった。相変わらず、パッケージ詐欺は健在だが(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マンハント [DVD評価]

Manhunt.png

MOVIE評価(55点)

出演:福山雅治、チャン・ハンユー、チー・ウェイ、ハ・ジウォン、アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、國村 隼、池内博之、TAO、竹中直人、倉田保昭、矢島健一、吉沢 悠、斎藤 工、田中 圭
監督:ジョン・ウー
時間:110分
2018年(中国)

【ジョン・ウーの愛娘が出演】

 1976年に高倉 健主演で製作された映画『君よ憤怒の河を渉れ』をジョン・ウー監督がリメイク。


 元々、日本の映画のリメイクだが、ストーリーが雑だな…というのが第一印象だった。設定がややこしいのに、似たタイプの女優(チー・ウェイとハ・ジウォン)を起用しているので、区別が付きにくい。

 ジョン・ウー監督と言えば、『男たちの挽歌』シリーズに始まり、『フェイス/オフ』や『M:I-2』等、フェチアクションで一世を風靡した監督だが、今作『マンハント』を観る限りでは、かつてほどの演出の切れが無くなったな…という感じだった。
  

 もともとアクション俳優でもない福山雅治に激しいアクションシーンを期待するのも無理があるが、本作でフェチアクションに徹していたのは、ジョン・ウー監督の愛娘アンジェルス・ウーだけだった。ひょっとすると本作は、娘さんのプロモーション映画として製作されたのかもしれない(笑)。

【公式サイト】マンハント

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル [DVD評価]

JUMANJI2.png

MOVIE評価(65点)

出演:ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナス、ボビー・カナベイル
監督:ジェイク・カスダン
時間:119分
2017年(アメリカ)

【可もなく不可もない「ジャングルへようこそ」】

 『ジュマンジ』(1995)の続編。


 前作『ジュマンジ』は、当時、最先端のCGが話題となった作品だったが、本作のCGは格段に進歩しているとはいえ、前作程の衝撃は感じなかった。現代ではこの程度のCGは当たり前となったので、別のところで注目される作品にしてほしかったのだが、良作ではあっても、ごく普通の映画に感じた。特に泣けるシーンがなかったのは残念だった。

 お色気キャラのカレン・ギランも、それほど色気が有るわけでもなく、ジャック・ブラックのギャグもベタベタ(笑)。
 ドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートは、余程、相性が合うのか、同年に製作された映画『セントラル・インテリジェンス』でもコンビを組んでいた。内容的にも同じようなタイプのアクション・コメディだった。


【公式サイト】ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

聖なる鹿殺し [DVD評価]

SeinaruSikagorosi.png

MOVIE評価(30点)

出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・コーガン、ラフィー・キャシディ、サニー・スリッチ、アリシア・シルヴァーストーン
監督:ヨルゴス・ランティモス
時間:121分
2017年(イギリス・アイルランド)

【淡々とした台詞と騒がしい音楽】

 コリン・ファレルとニコール・キッドマンが夫婦役で共演したサスペンス・スリラー。

 唐突に心臓手術のアップシーンが映し出され、訳が分からないままストーリーが進み、全く意味不明なままラストを迎えるという異色のサスペンスドラマだった。観ている最中、「ははーん、これは何か宗教的な悲劇のメタファーを描いた映画だな…」とは思ったものの、内容的には何が言いたいのか解らなかった。
 観終わった後で調べてみると、案の定、ギリシャ神話の悲劇を現代風に描いた映画であったらしい。ギリシャ人の監督だから、自国の神話を描くことに不思議はないが、バックグラウンドを知らない他国の人間がこれを観ても、全く意味不明だと思う。

 コリン・ファレルとニコール・キッドマンという絵になる美男美女が出演していたので、最後まで観ることができたが、キャストが無名の俳優なら途中でリタイヤしていたかもしれない(笑)。

 ギリシャ神話がベースになっているといっても、何も得るものがなく、有り難みのない作品だった(笑)。

【公式サイト】聖なる鹿殺し

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

dTV「不能犯」 [DVD評価]

dTV_FUNOUHAN.png

MOVIE評価(60点)

出演:松坂桃李、沢尻エリカ、水上剣星、永尾まりや、鈴之助、森岡 豊、永井 大、MEGUMI、井澤勇貴、平岡祐太、萩原みのり、佐藤仁美、岸 明日香
監督:内藤瑛亮
時間:108分
2017-2018年(日本)

【DVD1枚にまとめるべき】

 同名実写映画『不能犯』の前日譚を描いたdTV版ドラマ『不能犯』(全5話)。


 映画版が出る少し前にレンタルされた商品なので、映画版と勘違いしてレンタルした人が多いという本作。しかし、ドラマとしてはなかなか面白いので「金返せ!」ということにはならず、「これはこれでありかな…」となった作品(笑)。

 しかし、5話で108分しかないドラマを2本に分けてレンタルするのは止めて欲しかった。5話目なんて、数分のプチドラマですから(笑)。

 映画版と同様、イヤミスファンの人にはオススメできるかもしれないが、映画版とは違い少しアダルトなドラマなので、親子では一緒に観ない方が無難です(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

石つぶて 外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち [DVD評価]

ISHITSUBUTE.png

MOVIE評価(65点)

出演:佐藤浩市、江口洋介、萩原聖人、北村一輝、飯豊まりえ、真飛 聖、石崎なつみ、菅田 俊、矢島健一、笹野高史、津嘉山正種、佐野史郎
監督:若松節朗、村谷嘉則
時間:414分
2017年(日本)

【疲れた主人公2人が印象的なドラマ】

 清武英利のノンフィクション小説『警視庁捜査二課』をWOWOWが実写ドラマ化(全8話)。

 WOWOWドラマ『しんがり』のスタッフとキャストが、そのまま別のドラマに挑んだような感じだったので、少し不安だったが、それなりに面白く観ることができた。『しんがり』はあまりにも真面目ぶったドラマだったが、本作はチョイ悪的な要素もあり、エンタメ性もある。


 立場(肩書き)だけが優先され、年下の人間が年上の人間を呼び捨てにすることが当たり前という警察内の情景が鼻に付いたが、それもノンフィクションということなのだろう。しかし、江口洋介が年上の佐藤浩市にタメ口をきいているのは違和感バリバリだった(笑)。

 佐藤浩市と江口洋介のダブル主演ドラマだったが、どちらも疲れた雰囲気を醸し出していた。単に老けただけかもしれないが、どこかやつれた風に見えた。

 昨日のテレビ番組で真飛 聖が「人生初のキスシーンを演じ、メロメロになった」と言っていたが、このドラマのことです(笑)。

 本作は「TSUTAYA先行レンタル」です。

【公式サイト】石つぶて

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画