So-net無料ブログ作成

【当ブログ閲覧者の皆様へ】ブログ移転のお知らせ [コラム]

 突然ですが、ブログを移転することにしました。

 これまでにも1度、ブログを移転(FC2ブログからSo-netブログ)したことがありましたので、2度目のブログ移転となります。

 ここ数年はパソコンから当ブログに訪れる人よりも、スマホから訪れる人が増えました。それで、自分自身のスマホでブログにアクセスしてみると、広告だらけになって見にくくなっていることが気になっていました。
 ブログ記事を見る前の段階で全面広告が入ったりするので、「ウザい」と思っている人がいるかもしれませんが、あれは無料ブログゆえの広告(運営会社が出している広告)なので、有料にしない限り消えてくれません(笑)。

 無料でブログを掲載する場を提供してくれている運営会社は、そうでもしないと全く収益が伴わないボランティア事業となってしまうので、これは文句を言っても仕方がありません。広告が出るのが嫌ならお金を払うしかありません(ブロガーが支払うという意味)。
 So-netにも広告非表示の有料コースがありますが、カスタマイズ的な自由度も考えて、以前から契約しているさくらインターネットを利用することにしました。

 しかしながら、これまでのブログ記事(1500以上)を全て移転するのは大変な作業なので、取り敢えず、当ブログはそのまま置いておいて、新たにタイトルもリニューアルすることにしました。(同じ記事がネット上に2つ有ると、新しい方のサイトが検索画面から削除される可能性がありますので)

 新しいブログ名は「MOVIEMANブログ」になります。サイトURLは以下の通りなので、ブックマークをお願いします。

 http://www.movieman.sblo.jp/

 既に1つだけ記事を投稿しましたが、カスタマイズ不足なので、デザイン的には少し見にくいかもしれません。今後、少しずつカスタマイズしていく予定です。

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

BLEACH [DVD評価]

BLEACH.png

MOVIE評価(65点)

出演:福士蒼汰、杉咲 花、吉沢 亮、真野恵里菜、小柳 友、田辺誠一、早乙女太一、MIYABI、長澤まさみ、江口洋介
監督:佐藤信介
時間:108分
2018年(日本)

【チャンバラ映画には福士蒼汰?】

 久保帯人の同名人気コミック『BLEACH』を実写映画化。

 コミックが全世界で1億2000万部も発行されたというのは全く知らず、ストーリーもキャラも全く知らずに鑑賞。

 こういうチャンバラ系のアクション映画には佐藤 健か福士蒼汰と相場が決まっているのだろうか。漫画コミックのキャラクターを演じる日本映画の若手俳優と言えば、佐藤 健、綾野 剛、小栗 旬、山﨑賢人、福士蒼汰と、大体、この5人のうちの誰かが主役を演じている(笑)。それだけ人材が枯渇しているのか、それともコネが優先されているのか分からないが、あまりにも偏っているような気もする。まあ、若手だけでなく、どの年代でも同じようなものかもしれないが、毎度、同じ俳優ばかり見かけるような気がする(笑)。

 のっけから話が変な方向に進んでしまったが、本作を観た感想は、監督が『いぬやしき』の佐藤信介だけあって、実写とCGの合成映像はなかなか良くできていたと思う。このてのチャンバラ映画はCGと融合してこそ見応えがあるが、これが昔のようなアナログ映像のみのチャンバラ映画なら、多分、大きく評価が下がったと思う(笑)。そういう意味で、本作はメンタルな部分よりもビジュアルがメインの映画だと言えるだろうか。
 週刊少年ジャンプに連載された漫画なので当然と言えば当然だが、内容的には小中学生向きかな(笑)。

【公式サイト】BLEACH

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

逃亡花 [DVD評価]

NOGAREBANA.png

MOVIE評価(70点)

出演:蒼井そら、永澤俊矢、大浦龍宇一、福澤重文、冨田恵子、川野直輝、山口祥行、波岡一喜、賀集利樹、生島勇輝、青木和代、三上市朗、もたい陽子、川村 進
監督:佐藤源太、八十島美也子、岸川正史
時間:274分
2018年(日本)

【女性版和製『逃亡者』】

 香川まさひと(原作)、和気一作(漫画)の同名コミック『逃亡花(のがればな)』を実写ドラマ化(全12話)。BSジャパンの真夜中ドラマJ第1弾として製作されたドラマでもある。

 全12話と言っても、1話20分強のドラマなので、昔観た『怨み屋本舗』と同系統のドラマだと言える。観始めた当初はユルい系かつ辿々しい系のドラマかな…と思っていたが、展開が進むに連れて役者の演技にも進歩が見られ、面白くなっていくドラマだった。

 逃亡者の咲子を追っていた情報屋、遊び人、刑事、殺し屋、出会う男性は皆、孤児として育った咲子の真っ直ぐな性格に惹かれてしまう。ここがこのドラマの一番魅力的な部分だと思う。こんな健気で可愛い女性が本当にいれば、まあ誰でも惚れてしまうよね…という感じ(笑)。

 ただ、真夜中ドラマということもあり、少し濡れ場の多い大人のドラマでもあるので、子どもにはオススメできない。

 しかし、久しぶりに永澤俊矢を見たが、すっかり腹の出た中年オヤジに変貌していたので驚いた(笑)。

【公式サイト】逃亡花

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。