So-net無料ブログ作成

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 [DVD評価]

PentagonPapers.png

MOVIE評価(40点)

出演:メリル・ストリープ、トム・ハンクス、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ
監督:スティーブン・スピルバーグ
時間:116分
2017年(アメリカ)

【スピルバーグ監督の退屈過ぎる映画】

 メリル・ストリープとトム・ハンクスという大物俳優が初共演した社会派ドラマ(実話)。監督はスティーブン・スピルバーグ。

 本作は「ペンタゴン・ペーパーズ」というアメリカ国防総省の最高機密文書の存在を追ったサスペンス映画だが、正直、かなり退屈だった。
 最近、このての実話を描いた映画がハリウッドの流行りなのか、最近観た映画でも『ザ・シークレットマン』や『ゲティ家の身代金』という映画があった。過去のアメリカで起こった事件を描いているという意味では、どれも似たり寄ったりだが、本作は飛び抜けて退屈だった。スピルバーグ監督作なので世間の評価は高いが、この3本の中では断トツの退屈な映画だった。
 

 実話を描いた映画は、無駄な会話シーンが多い…というか、半分以上はどうでもいいような会話シーンなので、余程上手く作らないと2時間ももたない。本作などは本編が30分程度で、残りは何の変哲もない会話で、観るだけ時間の無駄という感じ。ビッグネームに騙されないように注意しよう(笑)。

【公式サイト】ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。