So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゼニガタ [DVD評価]

ZENIGATA.png

MOVIE評価(65点)

出演:大谷亮平、小林且弥、田中俊介、佐津川愛美、玉城裕規、安達祐実、升 毅、渋川清彦
監督:綾部真弥
時間:111分
2018年(日本)

【新たな闇金ドラマ登場】

 辻森 惺・永森 裕二・須田良規の漫画『闇金ゼニガタ』を『人狼ゲーム』シリーズの綾部真弥監督が実写映画化。

 内容的には闇金もので、バイオレンス的には『闇金ウシジマくん』寄り、ストーリー的には『ミナミの帝王』寄りのピカレスク闇金ドラマだった。まあ、2作の中間的な作品と言ったところだろうか。
 

 少し漫画の方も見てみたが、映画のキャラクターとは随分違うな…と思った。主人公の銭形兄弟の兄(大谷亮平)は、もっと軽い感じだし、弟(小林且弥)も、もっとムキムキの大男だった。漫画の方なら車に轢かれても大丈夫そうだが、長身というだけで華奢な小林且弥が車に轢かれても不死身というのは少し…いや、かなり違和感を感じた(笑)。

 主人公の銭形富男は、小学生の頃から金貸しをやっていたというような超切れ者で、何事にも動じないようなところも闇金ドラマお決まりの主人公像(萬田銀次郎や丑嶋 馨)を踏襲している。

 男3人組というのもウシジマくんっぽい。てっきり佐津川愛美がメンバーに加わるのかと思っていたが、どうやらアテが外れたようで、女っ気のない硬派なドラマという位置付けなのかもしれない。

 漫画の原作があるので、多分、続編が製作されるのだろうと思う。もしかすると、『闇金ドッグス』シリーズの後釜は本シリーズになるのかもしれない(笑)。


【公式サイト】ゼニガタ

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画