So-net無料ブログ作成

終わった人 [DVD評価]

OwattaHito.png

MOVIE評価(65点)

出演:舘ひろし、黒木 瞳、臼田あさ美、広末涼子、今井 翼、ベンガル、温水洋一、清水ミチコ、高畑淳子、田口トモロヲ、笹野高史
監督:中田秀夫
時間:125分
2018年(日本)

【「定年は生前葬」】

 内館牧子の同名小説『終わった人』を実写映画化。

 定年になった男の哀愁を描いたコメディ映画だったが、舘ひろしが主人公を演じているせいか、ギャップ感があって意外にも退屈しない面白い作品だった。

 「定年は生前葬」という台詞が印象的だったが、ふと、定年ってなんなんだろう?と考えさせられた。人生100年時代と言われる現代、60歳を定年と決めてしまうのは「」が付いてしまう。定年などというものは、本来、自分自身で決めるものであって、誰かが勝手に決めるようなものでもない。人一倍働いたという人なら、50歳で定年にしても構わないし、仕事が好きで好きで仕方がないなら、100歳まで働いたって構わない。

 「定年」という概念は、お上が作った代物であり、基本的にはお役人に適用されるべき制度だと思うのだが、多くの政治家は定年を過ぎても辞めようとしない(笑)。
 しかし、民間企業のサラリーマンは、60歳になると半自動的に定年(生前葬)を余儀無くされる。これって矛盾(立場が逆転)していないだろうか?

【公式サイト】終わった人

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。