So-net無料ブログ作成

ミューズ 悪に堕ちた女神の魂 [DVD評価]

MUSE.png

MOVIE評価(60点)

出演:フランカ・ポテンテ、エリオット・コーワン、アナ・ウラル、ジョアンヌ・ウォーリー、クリストファー・ロイド
監督:ジャウマ・バラゲロ
時間:107分
2017年(スペイン・アイルランド・ベルギー・フランス)

【ミューズ達女性陣が…】

 『REC/レック』のジャウマ・バラゲロが監督したホラーサスペンス。

 大学教授のサミュエルは教え子のベアトリスと交際していたが、なぜかベアトリスはサミュエルの家で謎の言葉を残して自殺してしまう。その後、サミュエルは予知夢によって、ある場所に導かれるのだが…。

 ゴシックな雰囲気と謎めいた演出が好印象で、のっけから「これはひょっとして…」と思わせるホラーだった。しかし、ストーリーが少し複雑で、一般的には理解しづらい映画かもしれない。招待・導き・欺き・罰・予言・情熱・秘匿という7人の魔女(ミューズ)と男性教授を巡るオカルト風ストーリーなのだが、冒頭の「ダンテ」という台詞からも分かる通り、かなり西洋の観念的な要素が入り混じっているため、少しややこしく感じる人もいると思う。ベアトリスという名前も、おそらくダンテ『神曲』のベアトリーチェからヒントを得ているのだろうと思う。

 教授の風貌はともかくとしても、ミューズ達の風貌が、お世辞にも美女とは言えないところも難かな(笑)。

 本作はゲオ先行レンタル作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

data-full-width-responsitive="true">




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。