So-net無料ブログ作成

プーと大人になった僕 [DVD評価]

PoohtoOtonaninattaBoku.png

MOVIE評価(65点)

出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル、マーク・ゲイティス、ジム・カミングス
監督:マーク・フォースター
時間:104分
2018年(アメリカ)

【日本語吹替版の違和感】

 A・A・ミルンの児童文学小説『くまのプーさん』をディズニーが実写映画化。

 子どもの頃、くまのプーさん達と一緒に楽しく遊んでいたクリストファー・ロビン少年は、学校に通い大人になるに連れて、プーさん達のことを忘れて暮らすようになっていた。仕事で多忙な日々を送り家族とも疎遠になっていくロビン。そんなロビンの前に、ある日、プーさんが現れるのだが…。

 どこかで観たような、お約束通りのストーリーだったが、ファンタジーの定番だけに、それなりの良作に仕上がっている。ユアン・マクレガーが主人公を演じているので、どこか『ビッグ・フィッシュ』のような雰囲気を持った映画だった。
 最近観た、『ピーターラビット』と同系統のCG映画なので、大人でも子どもでも楽しめる作品だと思うが、本作はイギリス映画ではなくハリウッド映画なので、風情としては『ピーターラビット』よりも少し落ちるかも…。

 ただ、日本語吹替を俳優の堺 雅人さんが行っているので、少しイメージが違うな…と感じてしまった。特に彼の吹き替えが下手というわけではないのだが、プーさんのキャラとカブってしまっているので、違和感を感じた。
 プーさんは、ほんわかムードの声優で正解なのだが、ロビンまでが、ほんわかムードな声はどうなのか?と(笑)。
 本作は、忙しく生きているロビンと、何もせずにのんびり生きているプーさん、その2人が対称的であるところに趣きがあると思われるのだが、どちらの声もほんわかモードだと、イメージが崩れてしまう(笑)。

【公式サイト】プーと大人になった僕

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。