So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

MEG ザ・モンスター [映画評価]

MEGtheMONSTER.png

MOVIE評価(75点)

出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、ソフィヤ・ツァイ、レイン・ウィルソン、ジェシカ・マクナミー、ルビー・ローズ、クリフ・カーティス、マシ・オカ
監督:ジョン・タートルトーブ
時間:113分
2018年(アメリカ)

【メガロドン vs ステイサム】

 200万年前に絶滅したとされる体長20メートル超の巨大鮫メガロドンとの戦いを描いた海洋パニックアクション。監督は『ナショナル・トレジャー』シリーズのジョン・タートルトープ。


 エンタメ映画の定番ジャンルでもあるサメ映画にジェイソン・ステイサムが主演とくれば観ないわけにはいかない。しかし、世間の評判があまり芳しくなかったので少し迷ったものの、ここは自分の直感を信じて映画館に足を運んできた。

 結果的には「悪くないじゃん」という感じで、それなりのエンタメ映画に仕上がっていた。本作の低評価の大きな理由は、中国資本の映画であることと、反日女優として有名なリー・ビンビンがヒロインを演じているところなのかもしれない(笑)。

 2時間足らずの映画だが、前半1時間は前振りという感じでMEG(メガロドン)はあまり登場しないが、後半はテンポよくMEGが登場する。MEGとステイサムの闘いはほとんど漫画の世界だが、クライマックスの『トランスポーター』ばりのアクションには思わず頬の筋肉が緩んでしまった。まさにステイサムでなければ成り立たない映画とも言える。

 ただ、少し脚本が雑なところが気になった。スーイン(ビンビン)がジョナス(ステイサム)に惚れるツンデレタイミングが間違っているのがイタイ。1度目の命を救われた後では敵視していたはずなので、2度目に命を助けられた時に惚れなければいけないのだが、どういう訳か、敵視していたすぐ後に惚れるという可笑しなことになっている(笑)。

 これまでメガロドンと言えば『ブルーサヴェージ』だったが、ようやく世代交代となりそうだ。これからはメガロドンと言えば『MEG』、これで決まりだ。


【公式サイト】MEG ザ・モンスター

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント