So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

闇金ドッグス8 [DVD評価]

YamikinDogs8.png

MOVIE評価(70点)

出演:山田裕貴、青木玄徳、仁科 貴、タモト清嵐、結城さなえ、佐藤日向、小倉久寛
監督:元木隆史
時間:85分
2018年(日本)

【生活保護の隠れた実態を暴いた意欲作】

 闇金融屋のしのぎを描いたニュータイプの闇金ドラマ『闇金ドッグス』シリーズ第8弾。
 本作は、主役の1人である青木玄徳が強制わいせつ致傷容疑で逮捕されたことから、発売中止が心配されていた作品だ。9作目も既にレンタルされているが、10作目はもう製作されない可能性がある。

 「一家全員、下衆。」という『アウトレイジ』のようなキャッチコピーの本作、実際に観てみると、本当に清々しいほどの下衆っぷりだった(笑)。正確に言えば、家族の1人は至って真面目な人間なのだが、残りの3人は、胸糞が悪くなるほどのクズ人間であり、「こんな奴いねーよ!」とツッコミたくなった(笑)。しかし、ここまでクズだと、怒りを通り越して、逆に笑えてしまうのだから不思議だ(笑)。


 内容的には、生活保護制度を悪用する下衆家族の実態を赤裸々に描いたドラマであり、真面目に働いている人間が知らない世界を忠実にレポートしているので興味深く観ることができる。こんな世界もあるんだな…という驚きと、怒りと笑い、これは、ある意味、全国民必見かも(笑)。

 これが発売中止になっていれば、青木玄徳のハニトラ説も信憑性があったかもしれないが、無事に発売されたということは、本当に破廉恥なことをしてしまったということなのだろう(笑)。

【関連記事】闇金ドッグス(1〜7)

【公式サイト】闇金ドッグス8

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント