So-net無料ブログ作成

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン> [DVD評価]

SUPERGIRL2.png

MOVIE評価(75点)

出演:メリッサ・ブノワ、カイラー・リー、タイラー・ホークリン、デヴィッド・ヘアウッド、クリス・ウッド、メカード・ブルックス、ジェレミー・ジョーダン、ケイティ・マクグラス、フロリアナ・リマ、テリー・ハッチャー、キャリスタ・フロックハート
製作:サラ・シェクター、アリ・アドラー
本編:934分
2016-2017年(アメリカ)

【夢のあるドラマに、まさかの展開…】

 大ヒット海外ドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』の第2シーズン(全22話)。



 セカンド・シーズンはのっけからスーパーマンが登場し気合いが入っている。新たなキャストも続々登場し、終始飽きずに観ることができた。しかし、最近のアメリカドラマの流行りなのか、本ドラマのメインキャストまで同○愛者(ゲ○)にしてしまう姿勢には、少々、引いてしまった(苦笑)。

 少し前にアカデミー賞にノミネートされたのが白人だけだったということで問題になったことがあるが、その影響もあってか、最近のアメリカ映画やドラマには、必ず一定数の黒人や東洋人などをキャスティングしないと「差別だ」というようなブーイングがあるようだ。その範囲が、遂に同○愛者にまで広がったということなのかもしれない。

 本ドラマには女性の大統領が登場するので、おそらくヒラリー・クリントンが大統領になると予想していたのだと思われる。アメリカの民主党はリベラルなので人権を重視する。その関係もあるのか、ドラマにも政治的なリベラル色が反映されているということなのだろう。

 しかし、こういう多様性というか、少数派を無理矢理に認知させようとする姿勢が透けて見えてしまうとゲンナリしてしまう。せっかく夢のあるドラマでも、嫌な現実を見せられているような気分になってしまう(^_^;)。

 別に同性愛者(ゲ○)が悪いというわけではありませんので誤解のないように(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画