So-net無料ブログ作成

美女と野獣 [DVD評価]

BIJYOtoYAJYU-.png

MOVIE評価(55点)

出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ジョシュ・ギャッド、ケヴィン・クライン、スタンリー・トゥッチ、エマ・トンプソン、ユアン・マクレガー、イアン・マッケラン
監督:ビル・コンドン
本編:130分
2017年(アメリカ)

【『美女と野獣』、お前もか。】

 ディズニーの不朽の名作『美女と野獣』を実写映画化。

 本作の場合、実写というよりも、実写とCGの融合作品という感じで、アニメでは表現できないリアル感と美麗さが印象的な作品だった。ただ、ミュージカルパートが少し多過ぎるような気もした。まるでインド映画のダンスシーンを観ているような退屈感がマイナスポイントだった(笑)。

 あと、昨日の『スーパーガール』のレビューでも書いたことだが、本作にも同じようなシーンが有ったので面食らってしまった。冒頭、王子が野獣になる前のダンスシーンで、黒人が大勢いることに違和感を感じた。現代のフランスなら様々な人種がいても理解できるのだが、このドラマの時代のフランスのお城に、なぜあれほどの黒人がいる必要があるのだろうか? なぜ歴史を無視してまで、黒人キャストを起用しなければならないのか疑問に感じた。

 エマ・ワトソンも「美女」であることには違いはないのだが、このドラマのヒロインを演じるには少し高貴過ぎるかなと思えた。もっと純粋無垢な子供っぽいタイプの女性の方がマッチすると思う。「野獣」の方も少し若くてイケメン過ぎると思えた。もう少し粗暴な感じのするタイプでこそ「美女」との落差が生じるのだが、これでは、お似合いのカップルだ(笑)。
 『美女と野獣』のテーマは、「美しい心」のはずだが、これでは「容姿の美しさ」に拘った作品という感じで物足りない。

 個人的には、レア・セドゥ版の『美女と野獣』の方が面白かったと思う。



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン> [DVD評価]

SUPERGIRL2.png

MOVIE評価(75点)

出演:メリッサ・ブノワ、カイラー・リー、タイラー・ホークリン、デヴィッド・ヘアウッド、クリス・ウッド、メカード・ブルックス、ジェレミー・ジョーダン、ケイティ・マクグラス、フロリアナ・リマ、テリー・ハッチャー、キャリスタ・フロックハート
製作:サラ・シェクター、アリ・アドラー
本編:934分
2016-2017年(アメリカ)

【夢のあるドラマに、まさかの展開…】

 大ヒット海外ドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』の第2シーズン(全22話)。



 セカンド・シーズンはのっけからスーパーマンが登場し気合いが入っている。新たなキャストも続々登場し、終始飽きずに観ることができた。しかし、最近のアメリカドラマの流行りなのか、本ドラマのメインキャストまで同○愛者(ゲ○)にしてしまう姿勢には、少々、引いてしまった(苦笑)。

 少し前にアカデミー賞にノミネートされたのが白人だけだったということで問題になったことがあるが、その影響もあってか、最近のアメリカ映画やドラマには、必ず一定数の黒人や東洋人などをキャスティングしないと「差別だ」というようなブーイングがあるようだ。その範囲が、遂に同○愛者にまで広がったということなのかもしれない。

 本ドラマには女性の大統領が登場するので、おそらくヒラリー・クリントンが大統領になると予想していたのだと思われる。アメリカの民主党はリベラルなので人権を重視する。その関係もあるのか、ドラマにも政治的なリベラル色が反映されているということなのだろう。

 しかし、こういう多様性というか、少数派を無理矢理に認知させようとする姿勢が透けて見えてしまうとゲンナリしてしまう。せっかく夢のあるドラマでも、嫌な現実を見せられているような気分になってしまう(^_^;)。

 別に同性愛者(ゲ○)が悪いというわけではありませんので誤解のないように(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

LION/ライオン [DVD評価]

LION.jpg

MOVIE評価(70点)

出演:デヴ・パテル、ニコール・キッドマン、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、サニー・パワール
監督:ガース・デイヴィス
本編:119分
2016年(オーストラリア)

【シガニー・ウィーバーのようなニコール・キッドマン】

 『スラムドッグ$ミリオネア』で一躍有名になったデブ・パテル主演のヒューマンドラマ(実話)。



 インドに生まれた貧しい少年が迷子になり、慈善団体の計らいでオーストラリアに養子に出される。それから25年が経過し、大人になった少年がグーグルアースによって故郷を発見し、兄や母の住むインドに帰るというストーリー。

 本作は実話を元にしているので、ドラマチックでありながらも、エンタメ的な演出は控え目になっている。事実を淡々と描きながら、要所要所に感動的なエピソードを付け加えているという感じ。
 実際、このドラマは奇跡の物語として日本のテレビ番組でも紹介されたらしく、敢えて映画化するまでもないという厳しい意見もあるようだ(笑)。

 故郷を発見するクライマックスのシーンが少々弱いかな…と感じたが、それでも感動ドラマとしては及第点が付けれる良作だったと思う。ただ、実話に拘るあまり、髪型まで実際の人物に合わせていたのはいかがなものかと思った。短髪のパンチパーマ(オバサンのヘアースタイル)のような髪型になったニコール・キッドマンは、シガニー・ウィーバーに見えてしまい、せっかくの美貌が台無しになっていた(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スプリット [DVD評価]

SPLIT.png

MOVIE評価(20点)

出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ヘイリー・ルー・リチャードソン
監督:M・ナイト・シャマラン
本編:117分
2016年(アメリカ)

【シャマランは、やっぱりシャマランだった】

 M・ナイト・シャマラン監督のサイコスリラー。

 売れっこ俳優ジェームズ・マカヴォイが多重人格者を演じて話題になった作品だったので、ぼちぼちシャマラン映画の封印を解いてみるか…と一縷の希望と一抹の不安を感じながら鑑賞してみた。しかし、案の定と言うか、やっぱり、シャマランはシャマランだった(怒)。

 通常、映画監督というものは、回を重ねるごとに作品が洗練されていき、遂には傑作を創り出し、世に認められるという人生階段を登っていくものだが、このシャマラン監督だけは例外で、最初に製作した映画のみが傑作で、そこからは階段を滑り落ちていくかのように駄作を量産し続けているという世にも珍しい監督だ。「一発屋」という言葉を地で行く映画監督とも言えるが、最初のイメージが強烈だっただけに、「次こそは…」と多くの映画ファンは期待するのだが、結果的には毎度、貴重な時間とお金を奪われてしまう。まるで詐欺に遭ったかのように(笑)。

 本作のラストでは、なぜかあの大物俳優が登場する。あまり興味も湧かないが、どうやら本作は、昔、映画館で観た『アンブレイカブル』とリンクしているらしい。しかし、まさか今更、あの超駄作と絡めてくるとは、そのあまりのセンスの無さに興醒めしてしまった。ここまで空気が読めない人というのも珍しい(笑)。



 今後こそ、シャマラン映画を封印しようと思う。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジェーン・ドウの解剖 [DVD評価]

JaneDoenokaibou.jpg

MOVIE評価(40点)

出演:エミール・ハーシュ、ブライアン・コックス、オフィリア・ラヴィボンド
監督:アンドレ・ウーヴレダル
本編:86分
2016年(イギリス)

【思わせぶりな映画なのだが…】

 ある殺人事件の現場の地下の土中から発見された身元不明の遺体(ジェーン・ドゥ)の解剖を描いたホラー。監督は『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル。



 外傷的な傷1つない美しい女性の遺体を解剖している内に、ある事実(仮説)に到達するというサスペンスタッチのホラー映画だが、その謎が暴かれていく過程はなかなか興味深い。しかし、思わせぶりな演出のわりに、辿り着いた事実が思い付きレベルと言うか、在り来たりと言うか…。ラストのオチもどこかで観たようなベタベタぶり。解剖シーンを90分まで引き延ばしたのは斬新だと言えるが、肝心のストーリーがこれではね…という感じ(笑)。

 ストーリーはともかく、思わせぶりな演出が好みという人なら観ても良いかも(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ブラッド・ファーザー [DVD評価]

BLOODFATHER.png

MOVIE評価(60点)

出演:メル・ギブソン、エリン・モリアーティ、ディエゴ・ルナ、ウィリアム・H・メイシー
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
本編:88分
2016年(フランス)

【『マッドギブソン』】

 メル・ギブソン主演の巻き込まれ系クライムアクション。

 行方不明になっていた娘が恋人であるギャングの男を誤って殺してしまったことでトラブルに巻き込まれるというアクションドラマ。娘とともに追われる父親も元犯罪者という設定で、ギャングから娘を守るボディガードをメル・ギブソンが渋く演じている。

 少女を守るガーディアンという設定が、どことなくフランス映画の『レオン』や『96時間』を彷彿とさせる。少々、短くまとまり過ぎているきらいはあるが、フランスのアクション映画だけあって、なかなかテンポは良い。バイオレンス的でありながらユルい系であるところもフランス映画らしい。



 『マッドマックス』を意識したようなシーンもあり、『マッドギブソン』という感じのアクション映画だった。



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コールドケース 真実の扉 [DVD評価]

COLDCASE.png

MOVIE評価(50点)

出演:吉田 羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石 研、三浦友和
監督:波多野貴文
本編:484分
2016年(日本)

【WOWOWにしては平凡なドラマ】

 同名海外ドラマ『コールドケース』をWOWOWがリメイク。

 オリジナルの『コールドケース』は観ていなかったので、WOWOW版を試しに2話まで観てみた。
 日本風に超訳された形でのリメイク作だと思われるが、正直なところ、WOWOWにしては、あまりパッとしない出来映えだった。10年以上前のドラマであることも関係しているのか、物語自体が平凡で新鮮味が感じられなかった。

 オリジナルは全7シーズンまで製作されたドラマなので、WOWOWでも既に続編の製作が決定しているらしい。これが長編の連続ドラマであれば観続ける意欲も出たかもしれないが、単話のドラマを何十話も観続ける気力が続きそうにないので、2話で見切りを付けることにした(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート [DVD評価]

BadBuddy.png

MOVIE評価(55点)

出演:アナ・ケンドリック、サム・ロックウェル、マイケル・エクランド、ケイティ・ネイラ、RZA、ティム・ロス
監督:パコ・カベサス
本編:95分
2015年(アメリカ)

【掴みどころの無い飄々とした映画】

 個性派女優アナ・ケンドリック主演のアクション・ラブコメディ。

 最近、よく見かけるアナ・ケンドリック嬢、ベン・アフレック顔(失礼)で、それほど美人というわけでもないのに、どこかに光る魅力があるのか、ハリウッド人気女優の1人として君臨しつつある。

 本作は、以前に観た『エージェント・ウルトラ』にどことなく設定が似ているが、本作の場合、アナ・ケンドリックとサム・ロックウェルという超個性派カップルなので、『エージェント・ウルトラ』よりは味が有る。天然お馬鹿キャラのマーサと、掴みどころのない凄腕の殺し屋フランシス、その2人の出会うシーンも強引過ぎる御都合設定で、よく解らないという感じだったが、あまり深く考えずに、軽い気持ちで観る映画だということはすぐに呑み込めた。飄々とした演技のサム・ロックウェルを観ていると、真面目に考えることが馬鹿馬鹿しく思えてしまう(笑)。



 はっきり言って、掴みどころの無い映画だったが、そこが本作の魅力なのかもしれない。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

シャドウ・エフェクト [DVD評価]

SHADOW EFFECT.png

MOVIE評価(45点)

出演:カム・ジガンディ、ジョナサン・リス=マイヤーズ、ブリット・ショウ、マイケル・ビーン
監督:オービン・オルソン
本編:94分
2017年(アメリカ)

【「無さそうで有る」系のスリラー映画】

 カム・ジガンディ主演のSFサスペンスアクション。

 冒頭のテレビが映るシーンで「一卵性双生児は記憶を共有しているケースがある」というような台詞があったので、その後の主人公の発作と記憶混濁を重ねると大体のオチが読めてしまった。白昼夢的な作りは雰囲気があって良かったと思うが、ストーリー運びと演出がもろにB級映画だったので、イマイチ感は拭えない。

 ジョナサン・リス=マイヤーズと大御所マイケル・ビーンが出演しているので、キャスト的には豪華だが、SFスリラーとしてはもう1捻り欲しい。「有りそうで無い」の逆、「無さそうで有る」映画なので、あまり新鮮味は感じられなかった。

 本作は「ゲオ先行レンタル」です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ファイナル・ブラッド [DVD評価]

FinalBlood.png

MOVIE評価(55点)

出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、オータム・リーサー、ピーター・ストーメア、ダニエル・バーンハード、クリス・ヴァン・ダム
監督:ピーター・マロタ
本編:95分
2016年(アメリカ)

【ヴァン・ダム映画、まさかの騙し系】

 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のアクション。

 ネタバレになるので、あまり詳しく感想は書けないのだが、久しぶりにヴァン・ダムの豪快な回し蹴りを観たような気がした。最近は年齢のせいもあってか、ガンアクションが多かったヴァン・ダムが本作では打って変わり、肉弾派アクションに徹している。まるで『ストリート・ファイター』(1994)のノリで(笑)。
 瀕死の重傷を負っているはずが、戦いだけはスマートでタフネス。実はこれには訳があるのだが、ネタバレになるので話せない。



 ヴァン・ダムの実子クリス・ヴァン・ダムも出演しているので、アクションには気合いが入っている。しかし、本作は、単なるアクション映画ではなくて、スリラー要素の強い騙し系の映画だった。『ユージュアル・サスペクツ』風の騙し系映画と言えば、ネタバレになるだろうか(笑)。



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画