So-net無料ブログ作成
検索選択
映画評価 ブログトップ
前の10件 | -

22年目の告白−私が殺人犯です− [映画評価]

22nenmenokokuhaku.png

MOVIE評価(70点)

出演:藤原竜也、伊藤英明、野村周平、夏帆、石橋杏奈、仲村トオル、早乙女太一、平田 満、岩松 了、岩城滉一
監督:入江 悠
本編:117分
2017年(日本)

【トリックがメインの超訳スリラー】

 韓国映画殺人の告白』(2012)のリメイク作品。監督は『ジョーカー・ゲーム』の入江 悠。

 

 本作は単なるリメイク作品ではなく、日本のドラマとして超訳したストーリーになっている。時代は1995年、「阪神・淡路大震災」と「神戸連続児童殺傷事件」をバックグラウンドにしたスリラー仕立てのドラマであり、時効問題をテーマとした謎解きサスペンスとなっている。

 邦画にしては珍しく異常なまでに評価の高い映画なので、その噂の真相を確かめるべく映画館に足を運んできた。
 ドンデン返し系の映画だという触れ込みだったので、先入観を持たないためにも内容自体は全く知らないまま観てみた。

 で、実際はどうだったのか?と言うと、一言で言えば、「スリラーとしては、よくできた映画かな」という感じだった。特に驚天動地のドンデン返しというわけでもなく、心に残るような映画でもなかった。伏線と捻りのアイデアだけでストーリーを組み立てているという感じだろうか。超訳でリメイクできるということが、図らずもそのことを証明している。普遍的なテーマが描かれているというわけではなく、トリックがメインであるからこそ、超訳リメイクができるわけだ。
 
 個人的に予想していたドンデン返しではなかったので、予想を裏切ってくれたことは確かだが、重たいテーマを扱っているといっても、それほど心には残らない。殺人の動機が、あまりにも単純過ぎるというか、よくある理由というか…。
 確かに1時間30分まではあっという間だったが、残り30分が足早に展開し過ぎるので、少々、雑な感じもした。もう少し後半にドラマ性を持たせて150分程度の長編にした方が良かったのではないかと思う。
 音楽が斬新という人もいるけれど、個人的には騒音のようにしか感じられなかった(笑)。

 世間の評価は「稀にみる傑作」だったが、個人的には「力作」レベルでしかなかった。残念…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス [映画評価]

Guardians of Galaxy2.png

MOVIE評価(80点)

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、ブラッドレイ・クーパー(声)、ヴィン・ディーゼル(声)、マイケル・ルーカー、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、エリザベス・デビッキ、シルベスター・スタローン、カート・ラッセル
監督:ジェームズ・ガン
本編:136分
2017年(アメリカ

【ベビーグルートが拝めるのは今作だけ】

 全世界待望の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第2弾。



 個人的には今年ナンバー1の注目作だっただけに、早速、映画館へ足を運んできた。世間の評判では「前作超え」ということだったので、その噂は本当かどうか確かめてきた。

 結論から言うと、スケール感や豪華さは今作の方が上だったが、新鮮味や意外性という意味では前作を超えるとまでは言えなかったと思う。と言っても、面白くないという意味ではなくて、エンタメ映画としては最高の部類に入ることは間違いない。今作も前作同様、泣かされることになるのだが、前作のような仲間愛ではなく、親子愛がテーマとなっている。物語全体としては、各キャラの自我(エゴ)の殻を破ることがテーマとなっており、物語を通して、メンバーの絆が更に深まるという感じで微笑ましい。ピーターの父親の名前が「エゴ」というのは偶然ではなさそうだ。

 女性キャラが2名加わって、ますます面白くなりそうなところでエンド。136分があっという間で、これなら2本立てでもよかったのではないかと思う(笑)。本来なら、長編ドラマで描くところを2時間程度で描いているので、少し詰め込み過ぎ感と端折り感も感じた。

 しかし、スタローンが出演していたのは少し違和感を感じた。どう見ても地球人にしか見えないので(笑)。次回作でも登場しそうな感じだったが、SF映画にスタローンというのは、別の意味でも違和感を感じてしまう。

 今作では、サノスが登場して、「最終兵」というキャッチフレーズだったので、グルートがラストで大活躍するのかな?と期待していたのだが、予想とは違ったストーリーだった。

 グルートは次回作では大人(青年?)の姿になるようなので、可愛いベビーグルートが拝めるのは本作だけとなりそうだ。字幕版では「アイアムグルート」だけだが、吹替版では「はグルート」から「はグルート」、そして「はグルート」になる。おまけに声もヴィン・ディーゼルっぽくないので違和感を感じるかも(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ワイルド・スピード ICE BREAK [映画評価]

WILD SPEED8.png

MOVIE評価(80点)

出演:ビン・ディーゼルミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソン、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ナタリーエマニュエル、エルザ・パタキー、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセル、スコット・イーストウッド、シャーリーズ・セロン、ジャンマルコ・サンティアゴ、セレスティーノ・コニーエル、ルーク・エヴァンズ、ヘレン・ミレン
監督:F・ゲイリー・グレイ
本編:136分
2017年(アメリカ

【吹替版では柳沢慎吾が…】

 全世界注目の『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾。

 少し前に「『トリプルX』は『ワイル・スピード』化した」と書いたばかりだが、本作を観ると逆に「『ワイルド・スピード』は『トリプルX』化した」という感じで、そのノリはスパイアクション映画のそれだった。クライマックスのノリやオチも『トリプルX:再起動』と共通するものがあったが、もはや、『007』はもとより、『M:I』も『エクスペンダブルズ』も超えてしまったという感じの超ド級アクション娯楽作だった。

 なぜ、『ワイルド・スピード』にシャーリーズ・セロンが?と思った人が多いかもしれないが、監督が『ミニミニ大作戦』のF・ゲイリー・グレイなので、その御縁で抜擢されたのかもしれない。あの映画にはジェイソン・ステイサムも出演していたので、本作におけるジェイソン・ステイサムの扱いも準主役級だった(笑)。『トリプルX:再起動』のドニー・イェン役を本作ではジェイソン・ステイサムが演じたといったところだろうか。

 これで残り2作、ポール・ウォーカーの代役はジェイソン・ステイサムに決定という感じだが、仲間を殺した悪役が味方に化けるというのは、如何にも『ワイスピ』らしいサービス精神だ。ジェイソン・ステイサムでなければ成り立たなかった(ブーイングの嵐だった)かもしれないが(^_^;)。

 まあなんにせよ、今年のGWのナンバー1映画はこれで決まりかな。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キングコング 髑髏島の巨神 [映画評価]

KINGKONGdokurotou.png

MOVIE評価(75点)

出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ジン・ティエン、ジョン・C・ライリー、MIYAVI
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
本編:118分
2017年(アメリカ

【新生巨大コングも美女には弱かった】

 怪獣映画として80年以上の歴史を持つ名作『キングコング』を五度映画化。過去の作品は以下の通り。

 『キングコング』(1933)
 『キングコング』(1976)
 『キングコング2』(1986)
 『キング・コング』(2005)

 ピーター・ジャクソン監督による前作のコングは小振りだったが、今作のコングはデカい。体長はなんと31.6mもあり、昔の日本アニメの巨大ロボット並み。しかも、最新のCG技術によって実写と見紛うかのようなリアルさで全編クライマックスの豪快なアクションを見せてくれると言う。これはもう映画館の大スクリーンで観るしかないと思い、珍しく公開初日に映画館へ行ってきた(笑)。

 まあ、「全編クライマックス」というのは少しオーバーかな?と思ったものの、豪快な演出はかつての『キングコング』映画を完全に凌駕している。
 『キングコング』に出演したヒロインはブレイクするのがお決まりのコースだが、今作のヒロイン、ブリー・ラーソンは『ルーム』に出演していた女優だ。ブリー・ラーソンは『キャプテン・マーベル』にも主演が決定しているのでブレイク間違いなしだろう。

 今作の『キングコング』はリメイク作ではないのだが、“美女に弱い”というコングの特徴だけは踏襲している。ただ破壊するだけの怪獣ではなく、情を持った怪獣という設定がコングの魅力でもあるので、その部分だけは残す必要があったのだろう。
 噂では、怪獣版の『アベンジャーズ』の製作が進行しているそうなので、『ゴジラ』と『キングコング』の共演も近い内に実現しそうだ。“個人プレー”から“チームプレイ”へ、それが現在のハリウッドの合言葉なのかもしれない。
 ちなみに本作にもサミュエル・L・ジャクソンが出演している。この前、映画館で観た『トリプルX』にも出ていたし、少し出過ぎかも(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

トリプルX:再起動 [映画評価]

TRIPLEX3.png

MOVIE評価(80点)

出演:ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、トニー・ジャー、クリス・ウー、ルビー・ローズ、ニーナ・ドブレフ、ロリー・マッキャン、トニ・コレット、サミュエル・L・ジャクソン、アイスキューブ、ネイマール
監督:D・J・カルーソー
本編:107分
2017年(アメリカ

【『ワイルドスピード』化した『トリプルX』】

 『トリプルX』シリーズ第3弾。第1作目の主人公ヴィン・ディーゼルのカムバック作品となる。ちなみに第2作目はアイス・キューブが主演だった。2作目で死んだことになっていたヴィン・ディーゼルが生き返ったというツッコミは止めておこう(笑)。

 あまり話題になっていないので、ひょっとして面白くない映画なのかな?という不安があったものの、映画の無料券があったので、試しに観てみることにした(笑)。
 その結果の方はズバリ、映画館で観て正解だった。いつもは裏切られるケースが多いのだが、これは良い意味で期待を裏切ってくれた。さすがは『トリプルX』シリーズだ。

 観終わって真っ先に感じたのは、「『トリプルX』の『ワイルドスピード』化」、これに尽きると思う。いつ死んでもおかしくないほどのアドレナリン出まくりの豪快な極限アクションは『トリプルX』のまんまだが、今作の場合、はみ出しスパイの個人プレーではなく、チームプレーに重点が置かれている。躍進目覚ましいドニー・イェンとのコンビも新鮮だ。

 とにかくオープニングから超ド派手で、重低音の効いた音楽ガンガンくる。このノリノリぶりは『キングスマン』以来の盛り上がりだ。
 いつもは騙される「全編見せ場」というキャッチコピーは、本作に限っていうなら本物だった。アクション映画、スパイ映画好きには太鼓判を押せる映画に仕上がっているので、世間の評判は無視して是非、映画館に足を運んで欲しいと思う(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ドクター・ストレンジ [映画評価]

DoctorStrange.png

MOVIE評価(75点)

出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ティルダ・スウィントン、ベネディクト・ウォン、マイケル・スタールバーグ、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルセン
監督:スコット・デリクソン
本編:115分
2016年(アメリカ

【万華鏡のような曼荼羅世界】

 マーベルコミックの同名コミックドクターストレンジ』を実写映画化。主演は『SHERLOCKシャーロック シリーズ』のベネディクト・カンバーバッチ。

 上から目線の天才脳外科医が交通事故によって全てを失い、数奇な運命によって魔術師に転身し、地球滅亡を計る巨大な悪との戦いに巻き込まれていくというSFアクションストーリー。

 「映像革命」と謳われる本作、マーベル発の「映像革命」が如何なるものか確かめるべく映画館に足を運んできた。
 実際に観てみると、精神的な世界を描いているという意味では『マトリックス』、白昼夢的な映像は、まんま『インセプション』という感じだった。ごく普通の感想(笑)。

 多次元宇宙を描いているシーンがあり、これは意外にも深い映画かも…と思ったものの、その世界観が単なる万華鏡のような世界だったので、少し興醒めしてしまった。仏教的には「曼荼羅」という言葉もあるのだが、これはチト違うかな…と(笑)。
 まあイマジネーションとしては、よくできた映像だったのかもしれないが、主人公ストレンジの精神の変化と同様、精神世界(本作ではアストラル界)の掘り下げが少し浅かったのが残念なところだった。

 少しストーリーを圧縮し過ぎた感は否めないが、エンタメ映画としては、マーベル作品らしく、よくできた作品だったと思う。映像を楽しむことがメインの映画なので、案外、3D(IMAX)で観るべき映画かも。3D映画に愛想が尽きた私は2Dで観ましたが(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スター・トレック BEYOND [映画評価]

StarTrekBeyond.png

MOVIE評価(70点)

出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、アントン・イェルチン、ジョン・チョウ、イドリス・エルバ、ソフィア・ブテラ
監督:ジャスティン・リン
本編:123分
2016年(アメリカ

【名実ともにワイスピ化した『スター・トレック』】

 リブート版『スター・トレック』シリーズ第3弾。監督は『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン。

 本作はこれまで監督してきたJ・J・エイブラムスが他の仕事(スターウォーズ)で忙しいため製作に回り、ジャスティン・リンが監督に抜擢された映画だ。
 J・J・エイブラムスの映画は、毎度、優等生的な仕上がりなのだが、いまひとつインパクトに欠けるので、監督が『ワイスピ』のジャスティン・リンに交代したことで面白くなるかも…という淡い期待もあって映画館に足を運んできた。

 実際に観てみると、透明感のある映像はもの凄く綺麗で、雰囲気的には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に似ていた。アクションシーンは、まさに『ワイスピ』で、オマージュ的な名シーンもありニンマリとさせられる。
 しかしながら、ストーリーはJJ作品と同じく完全な予定調和ぶりで、特に心に残るようなシーンがなかった。そこが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』との大きな違いで、心にグッと迫るシーンを用意できないという意味では傑作とは言えない。優等生的でなくて、泥臭くてもよいから、ここぞという名シーンを残せなければ、観客の心を掴むことはできない。
 ということで、トータル的には、やっぱりJJ映画だった(笑)。

 最後に、本作には『キングスマン』の非情な女殺し屋ソフィア・ブテラがサプライズ出演している。特殊メイクで顔は分からないが(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キング・オブ・エジプト [映画評価]

KING OF EGYPT.png

MOVIE評価(70点)

出演:ブレントン・スウェイツ、ニコライ・コスター=ワルドウ、コートニー・イートン、エロディ・ユン、チャドウィック・ボーズマン、ジェラルド・バトラー、ジェフリーラッシュ
監督:アレックス・プロヤス
本編:127分
2016年(アメリカ

【知名度低い系のA級エンタメ映画

 古代エジプトを舞台にしたスペクタクル・アドベンチャー。監督はエジプト出身のアレックス・プロヤス。

 3連休ということもあって映画館に足を運んできた。当初は『スーサイド・スクワッド』を観る予定だったのだが、評判があまりよろしくないようなので、急遽、『キング・オブ・エジプト』に変更した(笑)。『アイ,ロボット』『ノウイング』のアレックス・プロヤス監督なら、実績的にある程度信頼できるかな…という理由で。『スーサイド・スクワッド』の監督がザック・スナイダーなら観ていたかもしれないが、今回は製作にまわったようなのでパスすることにした。

 本作は全世界20ヵ国でNo.1になった大作映画ながら、「エジプト映画なのに白人俳優しか起用されていない」という理由でバッシングされたせいもあるのか、あまり話題になっていない。主役を務める俳優も『ガンズ&ゴールド』のブレントン・スウェイツと『ヘッドハンター』のニコライ・コスター=ワルドウと、知名度的にもイマイチなので、日本では余計に話題にならない。悪役のジェラルド・バトラーを前面に出さないと客が呼べない映画になっていることは残念だが、映画の完成度としては世間の評判以上によくできた作品だった。

 内容的にはB級っぽいが、作りはA級という感じで、昔ならB級映画で終わっていた作品を現代のCG技術をフルに活かし、一級のエンタメ作品に仕上げた感じと言えば解り易いだろうか。
 実際、映像は非常に美しい。エジプトらしく、黄金をベースにした荘厳な雰囲気はよく出来ていたと思う。ラストにあともう一歩、緊張感を伴ったスペクタクルな展開があれば更に良かったと思うのだが、惜しい。まあそれでも、観て損したというような汎百の駄作が堂々と上映されている映画館の中では、良作の部類に入る映画だと思う。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

X-MEN:アポカリプス [映画評価]

X-MEN_Apocalypse.png

MOVIE評価(85点)

出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ニコラス・ホルト、ローズ・バーン、オリヴィア・マン、エヴァン・ピーターズ、ソフィー・ターナー、オスカー・アイザック
監督:ブライアン・シンガー
時間:144分
2016年(アメリカ

【『X-MEN』シリーズ最高傑作】

 『X-MEN』前日譚シリーズ3部作の最終章。

 『X-MEN』シリーズはいつも、まあこんなもんかな…という感じで観終わるので、あまり過剰な期待はせずに映画館に足を運んできた。

 これまではマシュー・ヴォーンが監督した『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』が1番面白いと思っていたのだが、本作を観て、その考えは更新された。スケールの大きさから演出に至るまで本作の方が上だった。

 冒頭の巨大なピラミッドの崩壊シーンで眠気が覚め、クイックシルバーのやり過ぎ感にニンマリし、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ばりのラストにグッとくる。『X-MEN』シリーズの集大成と言うよりも、マーベル映画の集大成という感じだった。

 他の映画は観ていないが、おそらく今夏ナンバー1映画は本作で決まりだ。迷っている人は映画館へ足を運ぼう(笑)。できれば、日本語吹替版で観ることをオススメする。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インデペンデンス・デイ:リサージェンス [映画評価]

IndependenceDayResurgence.png

MOVIE評価(65点)

出演:リアム・ヘムズワース、マイカ・モンロー、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、ジェシー・アッシャー、トラビス・トープ、アンジェラベイビー、ウィリアム・フィクトナー、ブレント・スピナー
監督:ローランド・エメリッヒ
時間:120分
2016年(アメリカ

【『進撃の宇宙人』に注目!】

 20年ぶりの続編となるSFアクション超大作。監督は前作同様、ローランド・エメリッヒ。

 20年前に映画館で観た『インデペンデンス・デイ』は、衝撃的なオープニングとは裏腹に軽いノリのイケイケムービーという感じで、シリアス路線なのか、コメディ路線なのか、よく分からないどっち付かずの映画だったと記憶しているが、続編の本作も軽いノリは踏襲されており、予想通りの超絶御都合主義ムービーだった(笑)。

 CGは圧倒的に前作を超えているのだが、衝撃度は前作には及ばなかった。ただ、宇宙人のラスボスは『進撃の宇宙人』という感じでド迫力だった(笑)。CGに見えないところがまた凄い。

 20年ぶりの続編であるにも拘らず、ジェフ・ゴールドブラムやビル・プルマンなど、前作のメインキャストの多くが続投しているのには驚いた。主役はリアム・ヘムズワースなので、ウィル・スミスの息子役を登場させる必要が有ったのかどうかは微妙なところだが(笑)。

 あのラストからすると、近い内に続編の製作発表が有りそうだ。俳優陣の高齢化もあるので、次回作は案外早く観れるかもしれない。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画評価 ブログトップ