So-net無料ブログ作成
映画評価 ブログトップ
前の10件 | -

ジャスティス・リーグ [映画評価]

JusticeLeague.png

MOVIE評価(75点)

出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、エズラ・ミラー、レイ・フィッシャー、ジェレミー・アイアンズ、ダイアン・レイン、J・K・シモンズ、コニー・ニールセン、アンバー・ハード、キーラン・ハインズ
監督:ザック・スナイダー
本編:121分
2017年(アメリカ)

【『アベンジャーズ』化した『ジャスティス・リーグ』】

 マーベルの『アベンジャーズ』の対抗馬であるDCの『ジャスティス・リーグ』が遂に解禁。ちょうど祝日だったこともあり、初日に観に行ってきた。

 本作は前作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』から数ヶ月後の世界が舞台になっており、スーパーマンがいなくなった世界で新たな巨大な悪が出現するというストーリーになっている。

 前作で、脇腹を刺されイエス・キリストのような死に方をしたスーパーマンは、ザック・スナイダー的には「救世主」という深い意味合いで描かれていたのだと思う。しかし、本作の撮影途中でザック・スナイダーの娘が急逝したため、途中で監督を降板することになり、映画の雰囲気が少し変わってしまった。
 代役として監督に就いたのが『アベンジャーズ』の監督として知られるジョス・ウェドンだったせいか、本作は、これまでのダークでメタファーに満ちたザック・スナイダー色が薄くなり、『アベンジャーズ』的な明るい雰囲気も加味されている。それが良かったのか悪かったのか分からないが、どうやらアメリカでは裏目に出てしまったようだ。しかし日本の場合は、単純な映画を好む人が多いので、逆にウケるかもしれない(笑)。

 本作には新キャラが3人(アクアマン、フラッシュ、サイボーグ)登場するが、やはりワンダーウーマンの存在感が際立っていた。映画に締まりを与える意味でも「紅一点」は重要だと改めて実感した。まあ、本作には、エイミー・アダムスやアンバー・ハードも出演しているので「紅三点」と言えなくはないですが(笑)。

 全体的には万人受けするエンタメ大作なので評価されると思うが、残念ながら、グッとくる感動的なシーンが無かったので、傑作とまでは言えない。よくできた映画ながら、『ワンダーウーマン』のような心に残るシーンが無かったのが残念だった。次回作(『アクアマン』?)に期待したい。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マイティ・ソー バトルロイヤル [映画評価]

Mighty Thor3.png

MOVIE評価(80点)

出演:クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、テッサ・トンプソン、アンソニー・ホプキンス、イドリス・エルバ、カール・アーバン、ベネディクト・カンバーバッチ、浅野忠信、ジェフ・ゴールドブラム、ケイト・ブランシェット
監督:タイカ・ワイティティ
本編:131分
2017年(アメリカ)

【アベンジャーズ最強タッグのバディムービー】

 マーベル『マイティ・ソー』シリーズ第3弾。

 アベンジャーズの最強メンバーであるソーとハルクのバディムービーとも言える本作、雷神と超人のコンビは他のアベンジャーズメンバーの存在感を超越しており、アクションシーンもハンパない。

 本作の最大の見所はハルクの暴れっぷりなのだが、コロッセオでのソーとハルクの戦いに重点が置かれ過ぎており、敵との戦いが少し少なかったことがマイナスポイントだった。CMを観た限りでは、もっとハルクのバトルシーンがあるものと思っていたのだが、少し盛り上がりに欠けるかな…という印象。ラスボスとハルクのバトルに期待していただけに、ちと残念だった(笑)。

 それでも、エンタメ作品としてはマーベルらしい娯楽大作なので、大画面・大音響の映画館で観ることをオススメしたい。
 浅野忠信も出演しているが今作で…(以下自粛)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ワンダーウーマン [映画評価]

WONDERWOMAN.png

MOVIE評価(80点)

出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デビッド・シューリス、コニー・ニールセン、エレナ・アナヤ
監督:パティ・ジェンキンス
本編:141分
2017年(アメリカ)

【愛の神『ワンダーウーマン』の誕生物語】

 DCコミックスの女性ヒーロー『ワンダーウーマン』を実写映画化。『マン・オブ・スティール』から始まった「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズの第4作目となる作品でもある。



 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で衝撃的なデビューを果たした時から、映画館で観ようと決めていた作品だったので、早速、映画館に行ってきた。



 マーベル・コミックとDCコミックスはライバルとして鎬を削っているが、先日観たマーベルの『スパイダーマン ホームカミング』と比べてみると、今夏を制したのは『ワンダーウーマン』ということになりそうだ。アクションシーンは思っていたより少なかったものの、『ワンダーウーマン』の誕生物語としては、なかなかよく出来ていたと思う。女性監督らしいクライマックスの展開が感動的だ。ザック・スナイダーも脚本には加わっているらしいが、スナイダー監督のような高度な比喩表現がないことが功を奏して、万人受けするエンタメドラマに仕上がっている。

 141分と長編ながら、あっという間にラストを迎えた。途中からトイレに行きたいのを我慢して観ていたものの、エンタメ映画はこうでなければいけない(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スパイダーマン:ホームカミング [映画評価]

SPIDERMANhomecoming.png

MOVIE評価(70点)

出演:トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ジェイコブ・バタロン、ローラ・ハリアー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr
監督:ジョン・ワッツ
本編:133分
2017年(アメリカ)

【ハイテク化した『スパイダーマン』】

 『スパイダーマン』シリーズの実写映画化第6弾であり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の16作目となる作品。

  

 『スパイダーマン』と言えば「恋愛」が1つのテーマだが、本作も例に漏れず主人公の「恋」が描かれている。しかし、アベンジャーズシリーズになったこともあり、そういった叙情的な味付けは薄まり、エンタメに徹しているという感じを受けた。若きスパイダーマンの成長物語であることに変わりはないが、アベンジャーズの一員としてのサクセスストーリーという趣きの方が強くなっている。

 ハイテクな蝙蝠男(バットマン)を演じたマイケル・キートンが良い味を出していたものの、生身の人間なので、クライマックスは少々物足りないと言うか、呆気ない感じだった。せめて、ラストシーンはスパイダーマンらしく、ビルの谷間を疾走するシーンで閉じて欲しかった。あと、映画館の横の席でクスクス笑っていたゲラなオタク風のオッサンがウザかった(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

22年目の告白−私が殺人犯です− [映画評価]

22nenmenokokuhaku.png

MOVIE評価(70点)

出演:藤原竜也、伊藤英明、野村周平、夏帆、石橋杏奈、仲村トオル、早乙女太一、平田 満、岩松 了、岩城滉一
監督:入江 悠
本編:117分
2017年(日本)

【トリックがメインの超訳スリラー】

 韓国映画『殺人の告白』(2012)のリメイク作品。監督は『ジョーカー・ゲーム』の入江 悠。

 

 本作は単なるリメイク作品ではなく、日本のドラマとして超訳したストーリーになっている。時代は1995年、「阪神・淡路大震災」と「神戸連続児童殺傷事件」をバックグラウンドにしたスリラー仕立てのドラマであり、時効問題をテーマとした謎解きサスペンスとなっている。

 邦画にしては珍しく異常なまでに評価の高い映画なので、その噂の真相を確かめるべく映画館に足を運んできた。
 ドンデン返し系の映画だという触れ込みだったので、先入観を持たないためにも内容自体は全く知らないまま観てみた。

 で、実際はどうだったのか?と言うと、一言で言えば、「スリラーとしては、よくできた映画かな」という感じだった。特に驚天動地のドンデン返しというわけでもなく、心に残るような映画でもなかった。伏線と捻りのアイデアだけでストーリーを組み立てているという感じだろうか。超訳でリメイクできるということが、図らずもそのことを証明している。普遍的なテーマが描かれているというわけではなく、トリックがメインであるからこそ、超訳リメイクができるわけだ。
 
 個人的に予想していたドンデン返しではなかったので、予想を裏切ってくれたことは確かだが、重たいテーマを扱っているといっても、それほど心には残らない。殺人の動機が、あまりにも単純過ぎるというか、よくある理由というか…。
 確かに1時間30分まではあっという間だったが、残り30分が足早に展開し過ぎるので、少々、雑な感じもした。もう少し後半にドラマ性を持たせて150分程度の長編にした方が良かったのではないかと思う。
 音楽が斬新という人もいるけれど、個人的には騒音のようにしか感じられなかった(笑)。

 世間の評価は「稀にみる傑作」だったが、個人的には「力作」レベルでしかなかった。残念…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス [映画評価]

Guardians of Galaxy2.png

MOVIE評価(80点)

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、ブラッドレイ・クーパー(声)、ヴィン・ディーゼル(声)、マイケル・ルーカー、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、エリザベス・デビッキ、シルベスター・スタローン、カート・ラッセル
監督:ジェームズ・ガン
本編:136分
2017年(アメリカ)

【ベビーグルートが拝めるのは今作だけ】

 全世界待望の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第2弾。



 個人的には今年ナンバー1の注目作だっただけに、早速、映画館へ足を運んできた。世間の評判では「前作超え」ということだったので、その噂は本当かどうか確かめてきた。

 結論から言うと、スケール感や豪華さは今作の方が上だったが、新鮮味や意外性という意味では前作を超えるとまでは言えなかったと思う。と言っても、面白くないという意味ではなくて、エンタメ映画としては最高の部類に入ることは間違いない。今作も前作同様、泣かされることになるのだが、前作のような仲間愛ではなく、親子愛がテーマとなっている。物語全体としては、各キャラの自我(エゴ)の殻を破ることがテーマとなっており、物語を通して、メンバーの絆が更に深まるという感じで微笑ましい。ピーターの父親の名前が「エゴ」というのは偶然ではなさそうだ。

 女性キャラが2名加わって、ますます面白くなりそうなところでエンド。136分があっという間で、これなら2本立てでもよかったのではないかと思う(笑)。本来なら、長編ドラマで描くところを2時間程度で描いているので、少し詰め込み過ぎ感と端折り感も感じた。

 しかし、スタローンが出演していたのは少し違和感を感じた。どう見ても地球人にしか見えないので(笑)。次回作でも登場しそうな感じだったが、SF映画にスタローンというのは、別の意味でも違和感を感じてしまう。

 今作では、サノスが登場して、「最終兵」というキャッチフレーズだったので、グルートがラストで大活躍するのかな?と期待していたのだが、予想とは違ったストーリーだった。

 グルートは次回作では大人(青年?)の姿になるようなので、可愛いベビーグルートが拝めるのは本作だけとなりそうだ。字幕版では「アイアムグルート」だけだが、吹替版では「はグルート」から「はグルート」、そして「はグルート」になる。おまけに声もヴィン・ディーゼルっぽくないので違和感を感じるかも(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ワイルド・スピード ICE BREAK [映画評価]

WILD SPEED8.png

MOVIE評価(80点)

出演:ビン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソン、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ナタリー・エマニュエル、エルザ・パタキー、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセル、スコット・イーストウッド、シャーリーズ・セロン、ジャンマルコ・サンティアゴ、セレスティーノ・コニーエル、ルーク・エヴァンズ、ヘレン・ミレン
監督:F・ゲイリー・グレイ
本編:136分
2017年(アメリカ)

【吹替版では柳沢慎吾が…】

 全世界注目の『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾。

 少し前に「『トリプルX』は『ワイル・スピード』化した」と書いたばかりだが、本作を観ると逆に「『ワイルド・スピード』は『トリプルX』化した」という感じで、そのノリはスパイアクション映画のそれだった。クライマックスのノリやオチも『トリプルX:再起動』と共通するものがあったが、もはや、『007』はもとより、『M:I』も『エクスペンダブルズ』も超えてしまったという感じの超ド級アクション娯楽作だった。

 なぜ、『ワイルド・スピード』にシャーリーズ・セロンが?と思った人が多いかもしれないが、監督が『ミニミニ大作戦』のF・ゲイリー・グレイなので、その御縁で抜擢されたのかもしれない。あの映画にはジェイソン・ステイサムも出演していたので、本作におけるジェイソン・ステイサムの扱いも準主役級だった(笑)。『トリプルX:再起動』のドニー・イェン役を本作ではジェイソン・ステイサムが演じたといったところだろうか。

 これで残り2作、ポール・ウォーカーの代役はジェイソン・ステイサムに決定という感じだが、仲間を殺した悪役が味方に化けるというのは、如何にも『ワイスピ』らしいサービス精神だ。ジェイソン・ステイサムでなければ成り立たなかった(ブーイングの嵐だった)かもしれないが(^_^;)。

 まあなんにせよ、今年のGWのナンバー1映画はこれで決まりかな。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キングコング 髑髏島の巨神 [映画評価]

KINGKONGdokurotou.png

MOVIE評価(75点)

出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ジン・ティエン、ジョン・C・ライリー、MIYAVI
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
本編:118分
2017年(アメリカ)

【新生巨大コングも美女には弱かった】

 怪獣映画として80年以上の歴史を持つ名作『キングコング』を五度映画化。過去の作品は以下の通り。

 『キングコング』(1933)
 『キングコング』(1976)
 『キングコング2』(1986)
 『キング・コング』(2005)

 ピーター・ジャクソン監督による前作のコングは小振りだったが、今作のコングはデカい。体長はなんと31.6mもあり、昔の日本アニメの巨大ロボット並み。しかも、最新のCG技術によって実写と見紛うかのようなリアルさで全編クライマックスの豪快なアクションを見せてくれると言う。これはもう映画館の大スクリーンで観るしかないと思い、珍しく公開初日に映画館へ行ってきた(笑)。

 まあ、「全編クライマックス」というのは少しオーバーかな?と思ったものの、豪快な演出はかつての『キングコング』映画を完全に凌駕している。
 『キングコング』に出演したヒロインはブレイクするのがお決まりのコースだが、今作のヒロイン、ブリー・ラーソンは『ルーム』に出演していた女優だ。ブリー・ラーソンは『キャプテン・マーベル』にも主演が決定しているのでブレイク間違いなしだろう。

 今作の『キングコング』はリメイク作ではないのだが、“美女に弱い”というコングの特徴だけは踏襲している。ただ破壊するだけの怪獣ではなく、情を持った怪獣という設定がコングの魅力でもあるので、その部分だけは残す必要があったのだろう。
 噂では、怪獣版の『アベンジャーズ』の製作が進行しているそうなので、『ゴジラ』と『キングコング』の共演も近い内に実現しそうだ。“個人プレー”から“チームプレイ”へ、それが現在のハリウッドの合言葉なのかもしれない。
 ちなみに本作にもサミュエル・L・ジャクソンが出演している。この前、映画館で観た『トリプルX』にも出ていたし、少し出過ぎかも(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

トリプルX:再起動 [映画評価]

TRIPLEX3.png

MOVIE評価(80点)

出演:ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、トニー・ジャー、クリス・ウー、ルビー・ローズ、ニーナ・ドブレフ、ロリー・マッキャン、トニ・コレット、サミュエル・L・ジャクソン、アイス・キューブ、ネイマール
監督:D・J・カルーソー
本編:107分
2017年(アメリカ)

【『ワイルドスピード』化した『トリプルX』】

 『トリプルX』シリーズ第3弾。第1作目の主人公ヴィン・ディーゼルのカムバック作品となる。ちなみに第2作目はアイス・キューブが主演だった。2作目で死んだことになっていたヴィン・ディーゼルが生き返ったというツッコミは止めておこう(笑)。

 あまり話題になっていないので、ひょっとして面白くない映画なのかな?という不安があったものの、映画の無料券があったので、試しに観てみることにした(笑)。
 その結果の方はズバリ、映画館で観て正解だった。いつもは裏切られるケースが多いのだが、これは良い意味で期待を裏切ってくれた。さすがは『トリプルX』シリーズだ。

 観終わって真っ先に感じたのは、「『トリプルX』の『ワイルドスピード』化」、これに尽きると思う。いつ死んでもおかしくないほどのアドレナリン出まくりの豪快な極限アクションは『トリプルX』のまんまだが、今作の場合、はみ出しスパイの個人プレーではなく、チームプレーに重点が置かれている。躍進目覚ましいドニー・イェンとのコンビも新鮮だ。

 とにかくオープニングから超ド派手で、重低音の効いた音楽もガンガンくる。このノリノリぶりは『キングスマン』以来の盛り上がりだ。
 いつもは騙される「全編見せ場」というキャッチコピーは、本作に限っていうなら本物だった。アクション映画、スパイ映画好きには太鼓判を押せる映画に仕上がっているので、世間の評判は無視して是非、映画館に足を運んで欲しいと思う(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ドクター・ストレンジ [映画評価]

DoctorStrange.png

MOVIE評価(75点)

出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ティルダ・スウィントン、ベネディクト・ウォン、マイケル・スタールバーグ、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルセン
監督:スコット・デリクソン
本編:115分
2016年(アメリカ)

【万華鏡のような曼荼羅世界】

 マーベルコミックの同名コミック『ドクター・ストレンジ』を実写映画化。主演は『SHERLOCKシャーロック シリーズ』のベネディクト・カンバーバッチ。

 上から目線の天才脳外科医が交通事故によって全てを失い、数奇な運命によって魔術師に転身し、地球滅亡を計る巨大な悪との戦いに巻き込まれていくというSFアクションストーリー。

 「映像革命」と謳われる本作、マーベル発の「映像革命」が如何なるものか確かめるべく映画館に足を運んできた。
 実際に観てみると、精神的な世界を描いているという意味では『マトリックス』、白昼夢的な映像は、まんま『インセプション』という感じだった。ごく普通の感想(笑)。

 多次元宇宙を描いているシーンがあり、これは意外にも深い映画かも…と思ったものの、その世界観が単なる万華鏡のような世界だったので、少し興醒めしてしまった。仏教的には「曼荼羅」という言葉もあるのだが、これはチト違うかな…と(笑)。
 まあイマジネーションとしては、よくできた映像だったのかもしれないが、主人公ストレンジの精神の変化と同様、精神世界(本作ではアストラル界)の掘り下げが少し浅かったのが残念なところだった。

 少しストーリーを圧縮し過ぎた感は否めないが、エンタメ映画としては、マーベル作品らしく、よくできた作品だったと思う。映像を楽しむことがメインの映画なので、案外、3D(IMAX)で観るべき映画かも。3D映画に愛想が尽きた私は2Dで観ましたが(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画評価 ブログトップ