So-net無料ブログ作成

本日は、お日柄もよく [DVD評価]

HONJITUwaOHIGARA.png

MOVIE評価(60点)

出演:比嘉愛未、長谷川京子、速水もこみち、渡辺 大、石橋蓮司、船越英一郎、升 毅、団 時朗、井上 順、八千草 薫
監督:佐々部 清
本編:203分
2017年(日本)

【少しお花畑な部分が残念なサクセスストーリー】

 45万部を突破した原田マハの同名人気小説『本日は、お日柄もよく」をWOWOWが実写ドラマ化。主演はWOWOW初登場の比嘉愛未。

 「スピーチライター」という、あまり知られていない地味な職業を描いたドラマなので、少し退屈なドラマかもしれないな…と思いつつも思い切ってレンタルしてみた。

 実際に観てみると、ドラマ自体は女性のサクセスストーリーという感じで、ヒロインの魅力も手伝って飽きることなく最後まで観ることができた。ただ、1つ大きなウィークポイントが目に付いた。それは舞台が政治の世界であること。スピーチライターの仕事はゴーストライターとは違って、顧客を真に理解した上で、人の心を動かすスピーチ文を作るというものなのだが、これを政治の世界に持ち込むと、話が少しややこしくなる。
 このドラマで言うところの「民衆党」と「進展党」がスピーチ合戦を行い、どちらかが勝利したとしても、それは単に政権を獲ったというだけのことであり、正しい政治が行われたことを意味しない。実際の政治で重要なことは、政権を獲ることではなく、政権を獲ってからの政治で正しい結果を残せるかどうかが問われる。ある意味、受験さえ受かれば大学に入学してからは勉強しなくてもいいという日本社会の悪い部分と似通っているが、政治家の本分を無視して政争だけを描いているところが、このドラマのウィークポイントだった。

 作者が政治・経済に明るくないせいなのか、スピーチの内容も、少し理想論に傾き過ぎており、なんだかな〜という感じで聞いていた(笑)。ドラマとしては爽やかであり、役者の演技も良かったので、あまりツッコミたくはないのだが、この部分は如何ともし難いマイナスポイントだった。このことはWOWOWドラマの『平成猿蟹合戦図』にも同じことが言えると思う。



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

インベージョン! 最強ヒーロー外伝 [DVD評価]

INVASION.png

MOVIE評価(70点)

出演:スティーヴン・アメル、グラント・ガスティン、メリッサ・ブノワ、ケイティ・ロッツ、ドミニク・パーセル、ブランドン・ラウス、ヴィクター・ガーバー
製作:グレッグ・バーランティ
本編:127分
2016年(アメリカ)

【本編より面白いスピンオフドラマ】

 DCヒーロー達のクロスオーバーエピソード。以下の3話が入っている。

 『ARROW/アロー』(シーズン5)の第8話
 『FLASH/フラッシュ』(シーズン3)の第8話
 『LEGEND OF TOMORROW』(シーズン2)の第7話



 『ARROW』も『LEGEND OF TOMORROW』も途中棄権してしまった身には、少々、後ろめたい気もあったものの、『フラッシュ』と『スーパーガール』観たさにレンタルしてみた。『ARROW』も『LEGEND OF TOMORROW』も知らない内に新キャラが増えており、『LEGEND OF TOMORROW』に出演しているドミニク・パーセルの場違いぶりには笑えたが、再び観ようとまでは思わなかった(笑)。

 でも、この3話はなかなか凝ったストーリーで面白かった。ヘタな映画はぶっ飛ぶほど完成度は高いのでオススメだ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ゴースト・イン・ザ・シェル [DVD評価]

GHOST IN THE SHELL.png

MOVIE評価(45点)

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、桃井かおり、福島リラ
監督:ルパート・サンダース
本編:107分
2017年(アメリカ)

【オタクムービー in スカーレット・ヨハンソン】

 士郎正宗のSFコミック『攻殻機動隊』をハリウッドが実写映画化。監督は『スノーホワイト』のルパート・サンダース。



 漫画の『攻殻機動隊』はオタク系のSFマンガというイメージなので、特に興味もなく読んだこともないのだが、ハリウッドが映画化したということで観てみることにした。

 内容的には、まさにオタク系のサイバーパンクアニメという感じで、大友克洋の『AKIRA』を連想させる。実写とCGを合成したかのような近未来の街並みはよく出来ていたが、肝心のストーリーが普通過ぎて、少し退屈な映画だった。設定自体に異常な拘りは感じられるのだが、ストーリーは至って普通、それがオタクムービーのお決まりのパターンだが、本作もその例に漏れない作品だった。

 しかし、「脳(記憶)」を移植すれば同一人物になるという、今時のSF映画のトンデモ設定は、なんとかならないものだろうか(笑)?

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ワンダーウーマン [映画評価]

WONDERWOMAN.png

MOVIE評価(80点)

出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デビッド・シューリス、コニー・ニールセン、エレナ・アナヤ
監督:パティ・ジェンキンス
本編:141分
2017年(アメリカ)

【愛の神『ワンダーウーマン』の誕生物語】

 DCコミックスの女性ヒーロー『ワンダーウーマン』を実写映画化。『マン・オブ・スティール』から始まった「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズの第4作目となる作品でもある。



 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で衝撃的なデビューを果たした時から、映画館で観ようと決めていた作品だったので、早速、映画館に行ってきた。



 マーベル・コミックとDCコミックスはライバルとして鎬を削っているが、先日観たマーベルの『スパイダーマン ホームカミング』と比べてみると、今夏を制したのは『ワンダーウーマン』ということになりそうだ。アクションシーンは思っていたより少なかったものの、『ワンダーウーマン』の誕生物語としては、なかなかよく出来ていたと思う。女性監督らしいクライマックスの展開が感動的だ。ザック・スナイダーも脚本には加わっているらしいが、スナイダー監督のような高度な比喩表現がないことが功を奏して、万人受けするエンタメドラマに仕上がっている。

 141分と長編ながら、あっという間にラストを迎えた。途中からトイレに行きたいのを我慢して観ていたものの、エンタメ映画はこうでなければいけない(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ヒトヤノトゲ ~獄の棘~ [DVD評価]

HITOYAnoTOGE.png

MOVIE評価(60点)

出演:窪田正孝、萩原聖人、小澤征悦、野波麻帆、池田成志、駒木根隆介、有薗芳記、泉谷しげる、河井青葉、螢 雪次朗、中村育二、田中要次、モロ師岡
監督:平山秀幸
本編:296分
2017年(日本)

【『刑務所の中の懲りない面々』】

 大門剛明の同名小説『獄の棘』をWOWOWが実写ドラマ化。(全6話)

 最近は女性だけでなく、男性の若手俳優も起用しつつあるWOWOW、本作では『東京喰種トーキョーグール』の窪田正孝が主役に抜擢されている。

 昔、『塀の中の懲りない面々』という映画があったが、本作は『刑務所の中の懲りない面々』が巻き起こすサスペンスタッチの社会派ドラマという感じだった。WOWOWのことだから、民放では放送できないような過激で陰湿なドラマを予想していたのだが、案外、アッサリ系で、これなら民放でも放送できるかなと思えた。



 しかし、刑務官の仕事等を具体的に描いたドラマというのは今までに観たことがなかったので新鮮だった。民放ではお役人をヒーローのように描くドラマが多いが、WOWOWの場合は、ヒーローではなく腐敗した役人として正直に描かれているので好感が持てる(笑)。そういう意味では、やっぱり民放では放送できないかも(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

フレンチ・ラン [DVD評価]

FRENCH RUN.png

MOVIE評価(65点)

出演:イドリス・エルバ、リチャード・マッデン、シャルロット・ルボン、ケリー・ライリー、ジョゼ・ガルシア
監督:ジェームズ・ワトキンス
本編:92分
2016年(イギリス・フランス・アメリカ)

【ロバート・ダウニー・Jr.は出ていません】

 『マイティ・ソー』シリーズのイドリス・エルバ主演のアクション。



 CIAのはみ出し捜査官ブライヤーと天才スリ師マイケルがタッグを組むというバディ(相棒)ムービーだが、少し前に観てレビューしたバディムービー『ナイスガイズ!』よりは、はるかに良く出来た作品だった。この2作品を比べてみると、やっぱり映画はキャストよりもストーリーの方が重要だということがよ〜く分かる(笑)。



 内容的にはイドリス・エルバ版の『24』という感じだったが、ヨーロッパコープ風のテンポの良いサスペンス・アクションなので、なかなか見応えのある作品だった。120分程度まで引き延ばして、もう少しストーリーに深みを加えればエンタメ大作になったかもしれない。

 なお本作には、ロバート・ダウニー・Jr.のそっくりさん、ジョゼ・ガルシアが出演している。ロバート・ダウニー・Jr.ではないので誤解のないように(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沈黙 -サイレンス- [DVD評価]

CHINMOKU.png

MOVIE評価(50点)

出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、加瀬 亮、イッセー尾形、リーアム・ニーソン
監督:マーティン・スコセッシ
本編:161分
2016年(アメリカ)

【「信仰」を描き切れていない人間ドラマ】

 遠藤周作の小説『沈黙』をマーティン・スコセッシ監督が実写映画化。

 主演のアンドリュー・ガーフィールドは少し前まで『スパイダーマン』を演じていた俳優だが、しばらく見ないうちに、ずいぶんと立派な俳優に成長したなと思えた。

  

 160分もある長編ドラマながら、最後まで退屈することなく観れたのはスコセッシ監督の力量の為せる業か、それとも興味深いテーマであるせいかは分からないが、映画自体はよくできていたと思う。ただ、この映画を観たキリスト教の人達はどう思ったのかが非常に気になる映画だった。

 当時の日本の切支丹(キリシタン)が厳しい弾圧に遭ったということを描いている部分には、溜飲が下がった人も多いのではないかと思えたが、信仰心についてはどうなのか?という部分が疑問に思えた。

 確か、イエス・キリストがゴルゴダの丘で磔になった時も、「生」を取るか、「信仰」を取るかという選択を迫られるシーンがあったと思うが、当然、イエスは後者の「信仰」を選んだ。自分の命よりも大切な信仰を選んだからこそ、現在のキリスト教があると思われるのだが、この映画で描かれていたのは、前者である「生」を選ぶことの方が重要だと言わんばかりだった。

 「踏み絵」を踏むだけで命が助かるなら、自らの心を偽って踏めばいい。しかし、それをせずに死んでいった人達は、なぜ死を選んだのだろうか? この部分に光を当てないことには、信仰を描いたことにはならないのではないか? そんな疑問が感じられた。

 「沈黙」というタイトルからも分かる通り、神は人間の苦しみに対して無慈悲に沈黙されている。そんな意味合いを込めた作品だったのかもしれないが、これでは単なる人間ドラマであって、信仰を描いた映画とは言えないと思う。本作は欧米では不評だったらしいが、その理由が何となく理解できたような気がした。この映画なら中国でも上映できるかもしれない(皮肉)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

セキュリティー [DVD評価]

SECURITY.jpg

MOVIE評価(60点)

出演:アントニオ・バンデラス、ベン・キングスレー、リアム・マッキンタイア、カン・リー、チャド・リンドバーグ、ジロー・ワン、ガブリエラ・ライト
監督:アラン・デロシェール
本編:91分
2016年(アメリカ)

【若返ったリアム・マッキンタイヤ】

 「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映されたアントニオ・バンデラス主演の直球アクション。

 職が無くて困っていたエディは、どうにか遠方にあるショッピングモールの夜間警備員の職を得るが、着任早々、トラブルに巻き込まれてしまうという、巻き込まれ型のアクション。

 ある意味、アントニオ・バンデラス版の『ダイ・ハード』という感じで、一昔前のアクション映画という趣きだったが、暇つぶしに観るにはちょうどよいかなというレベル。



 夜間警備員の主任が『スパルタカス』のリアム・マッキンタイヤに似ているな…と思って観ていたが、観終わってから調べてみると、なんとリアム・マッキンタイヤ本人だった(笑)。10歳ぐらい若返ったような感じでビックリ(^_^;)。



 本作は「ゲオ先行レンタル」です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

パージ/大統領令 [DVD評価]

PURGE3.png

MOVIE評価(40点)

出演:フランク・グリロ、エリザベス・ミッチェル、ミケルティ・ウィリアムソン、ジョセフ・ジュリアン・ソリア、テリー・セルピコ
監督:ジェームズ・デモナコ
本編:109分
2016年(アメリカ)

【趣向を変えてもマンネリ感は否めず】

 『パージ』シリーズ第3作目。前作のフランク・グリロが続投している。

  

 1年に1回、人減らしのために全ての犯罪が合法化され、容赦ない殺人劇が行われる狂気の12時間「パージ」。相変わらず悪趣味度は全開だったが、さすがに3作目ともなると、「だから何?」という感じになる(笑)。
 前作で『マッドマックス』ばりのアクションを演じたフランク・グリロは、今作では「パージ」に反対している女性議員のボディガードに昇進(?)している(笑)。

 新キャラ、エリザベス・ミッチェルを起用しても、ストーリー的なマンネリ感は否めず、グロなアクション描写以外はこれといって見所の無い作品だった。しかし、こんな狂った「ヒャッハー」な映画が世間では高評価なのだから、いかに現代人が病んでいるかがよく分かる(^_^;)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

プリズン・ブレイク(シーズン5) [DVD評価]

PRISONBREAK5.png

MOVIE評価(75点)

出演:ウェントワース・ミラー、ドミニク・パーセル、サラ・ウェイン・キャリーズ、ロバート・ネッパー、アマウリー・ノラスコ、ロックモンド・ダンバー、ポール・アデルスタイン、オーガスタス・プリュー、リック・ユーン、インバー・ラヴィ、マリーナ・ベネディクト、スティーブ・マウザキス、マーク・フォイアスタイン
製作:ポール・シェアリング
本編:390分
2017年(アメリカ)

【『プリ・ブレ』まさかの復活】

 「神ドラマ」として名高い『プリズン・ブレイク』のシーズン5(全9話)。



 『24』がリブートしたかと思えば、今度は『プリズン・ブレイク』がまさかの復活を遂げた。このところのリメイクブームの波に乗った格好だが、死んだはずの人間が復活するというのは、まるで平松伸二や宮下あきらの漫画のようだ(笑)。
 しかし、そこは『プリズン・ブレイク』、漫画のように本当に死んだ人間を蘇らせたわけではなく、実はマイケルは死んでいなかったという少し強引なシナリオが用意されている。

 どうせ復活するなら、もっと早く出せよ!と突っ込みたくもなるが、まあ、面白ければ結果オーライというのがファンの本音なのだろう。8年振りの復活なので、主要メンバーも随分貫禄が出てきたなあという感じだったが、しっかりプリ・ブレしていた。この調子だと、シーズン6も製作されそうだ(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画