So-net無料ブログ作成
検索選択

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち [DVD評価]

MISS PEREGRINE.png

MOVIE評価(65点)

出演:エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L・ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、ルパート・エヴェレット、テレンス・スタンプ
監督:ティム・バートン
本編:126分
2016年(アメリカ

【ティム・バートン版の奇妙な『X-メン』】

 ランサム・リグズのベストセラー小説『ハヤブサが守る家』をティム・バートン監督が実写映画化。「ペレグリン」というのは「ハヤブサ」のこと。
 主演は『ヒューゴの不思議な発明』や『エンダーのゲーム』など、謎めいた雰囲気の映画が似合うエイサ・バターフィールド。本作ももちろん、謎めいたファンタジー映画だ。



 ティム・バートン監督らしく、実に奇妙なタッチの映画だった。突然変異で生まれた奇妙な子供達はある事情により、人里離れた孤島で生活しているが、その場所にはある秘密があった。

 このマニアックな設定でコメディ映画ならズッコケるところだろうけれど、本作の場合、SFミステリー風のシナリオに、奇妙なこどもたちの『X-メン』もどきの特殊能力、グロテスクなモンスターとグロシーンを盛り込んだアクションなど、見所が満載なので、飽きずに観ることができる。ラストの感動スパイスがチト弱いかな…というのが惜しいところだった。

 しかし、本作にもまたサミュエル・L・ジャクソンが出演していた。今年になって何回観たことか…(^_^;)。まさにオールジャンルの映画から引っ張りだこという感じだが、よく考えると、あのての何でもこなせる個性派俳優って、なかなか貴重なのかもしれない(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画