So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

22年目の告白−私が殺人犯です− [映画評価]

22nenmenokokuhaku.png

MOVIE評価(70点)

出演:藤原竜也、伊藤英明、野村周平、夏帆、石橋杏奈、仲村トオル、早乙女太一、平田 満、岩松 了、岩城滉一
監督:入江 悠
本編:117分
2017年(日本)

【トリックがメインの超訳スリラー】

 韓国映画殺人の告白』(2012)のリメイク作品。監督は『ジョーカー・ゲーム』の入江 悠。

 

 本作は単なるリメイク作品ではなく、日本のドラマとして超訳したストーリーになっている。時代は1995年、「阪神・淡路大震災」と「神戸連続児童殺傷事件」をバックグラウンドにしたスリラー仕立てのドラマであり、時効問題をテーマとした謎解きサスペンスとなっている。

 邦画にしては珍しく異常なまでに評価の高い映画なので、その噂の真相を確かめるべく映画館に足を運んできた。
 ドンデン返し系の映画だという触れ込みだったので、先入観を持たないためにも内容自体は全く知らないまま観てみた。

 で、実際はどうだったのか?と言うと、一言で言えば、「スリラーとしては、よくできた映画かな」という感じだった。特に驚天動地のドンデン返しというわけでもなく、心に残るような映画でもなかった。伏線と捻りのアイデアだけでストーリーを組み立てているという感じだろうか。超訳でリメイクできるということが、図らずもそのことを証明している。普遍的なテーマが描かれているというわけではなく、トリックがメインであるからこそ、超訳リメイクができるわけだ。
 
 個人的に予想していたドンデン返しではなかったので、予想を裏切ってくれたことは確かだが、重たいテーマを扱っているといっても、それほど心には残らない。殺人の動機が、あまりにも単純過ぎるというか、よくある理由というか…。
 確かに1時間30分まではあっという間だったが、残り30分が足早に展開し過ぎるので、少々、雑な感じもした。もう少し後半にドラマ性を持たせて150分程度の長編にした方が良かったのではないかと思う。
 音楽が斬新という人もいるけれど、個人的には騒音のようにしか感じられなかった(笑)。

 世間の評価は「稀にみる傑作」だったが、個人的には「力作」レベルでしかなかった。残念…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

破門 ふたりのヤクビョーガミ [DVD評価]

HAMON.png

MOVIE評価(40点)

出演:横山 裕、佐々木蔵之介、北川景子、宇崎竜童、木下ほうか、勝矢、橋本マナミ、橋爪 功、國村 隼
監督:小林聖太郎
本編:120分
2017年(日本)

【チープ感満載の極道コメディ】

 黒川博行の同名小説破門』を実写映画化。監督は『マエストロ』の小林聖太郎。

 

 結構な話題作なのでレンタルしてみた。大阪を舞台にした極道ものということもあり『ミナミの帝王』的なコンゲームドラマを期待していたのだが、どうもコメディに偏り過ぎており、中途半端な印象が拭えないドラマだった。映画というよりもテレビドラマに近いかな…と思って観ていたが、観終わって調べてみると、本当にテレビドラマがあったらしい(笑)。テレビドラマ版は北村一輝と濱田 岳が主役とのことで、映画版よりも面白いという人が多いらしい。確かに強面ヤクザ役は佐々木蔵之介よりも北村一輝の方がハマりそうだし、だらしない建設コンサルタント役も横山 裕よりも濱田 岳の方が飄々とした感じがマッチしそうだ。

 

 あえて映画化するほどお金がかかっているように思えなかったし、シナリオ的にもスケールが小さくてショボい。北川景子の役柄もヒロインというよりも単なるチョイ役レベルで中途半端、あらゆる要素がテレビドラマの枠を出ていないチープなドラマだった。ハードボイルドと言うよりも、コメディの範疇に入るドラマだと思う。雰囲気的には『後妻業の女』に近いかも(笑)。



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

贖罪 [DVD評価]

SHOKUZAI.png

MOVIE評価(50点)

出演:小泉今日子、蒼井 優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、森山未來、水橋研二、加瀬 亮、長谷川朝晴、伊藤 歩、田中哲司、高橋ひとみ、嶋田久作、新井浩文、香川照之
監督:黒沢 清
本編:300分
2012年(日本)

【もしかして、元祖イヤミス?】

 湊かなえの同名小説贖罪』をWOWOWが実写ドラマ化。



 5年も前のWOWOWドラマを、今頃になってようやく鑑賞。ひょっとして、傑作ドラマを見逃しているのかも…という淡い期待を込めてレンタルしてみたものの、残念ながら良い意味では期待を裏切ってくれなかった(笑)。

 本作はオムニバス形式というわけでもないのだが、5人の女性を主人公にしたドラマになっている。この辺の趣向は『5人のジュンコ』と似ている(小池栄子はどちらにも出演)。



 小学生の仲良し5人組の女の子が、ある日、放課後の校庭で1人の男から声をかけられる。男はエミリという女の子を体育館へ連れ去るが、その後、エミリは死体となって発見される。
 犯人が見つからず半年経った頃、エミリの母親である麻子は、エミリの誕生日に4人の女の子を自宅に招待し「償い」を要求するのだった。15年後、大人に成長した4人の女性に訪れた「償い」とは…。

 女性が書いた小説のせいもあるのか、どうも男性に対する怨みのようなものが伝わってくるようなドラマだった。このドラマでは男性は善き者としては描かれておらず、5話ともにクズ男が登場する。森山未來→水橋研二→加瀬 亮→長谷川朝晴→香川照之と、それぞれ個性的なクズ男が登場する。中でも森山未來のあまりのクズ男っぷりには笑えた(笑)。

 どのドラマも偽善や虚飾や裏切り、そんなマイナス要素ばっかりなので、観ていて気が滅入る。これぞ、元祖イヤミスドラマだったのかもしれないな…と思いながら鑑賞。まあそれでも、さすがにWOWOWドラマだけあって、5時間最後まで観てしまった。無論、イヤミスなので、嫌な気分になっただけで、ほぼ得るものは無かった(^_^;)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヘッド・ショット [DVD評価]

HEAD SHOT.png

MOVIE評価(55点)

出演:イコ・ウワイス、チェルシー・イスラン、サニー・パン、ジュリー・エステル、後藤洋央紀
監督:モー・ブラザーズ
本編:118分
2016年(インドネシア

【尼製 国分太一主演のバイオレンス・アクション】

 大ヒットした尼(=インドネシア)映画ザ・レイド』シリーズのイコ・ウワイス主演のバイオレンス・アクション。

 

 ある日、記憶を失った男が海岸沿いで発見される。病院に運ばれたその男は2か月間、昏睡状態で眠り続けた後、目を覚ます。彼は病院内で「イシュマエル」というニックネームで呼ばれており、看病していた女医アイリンと交流を深めていくが、ある日、謎の組織にアイリンが誘拐されることになる。アイリンを誘拐した謎の組織の目的はイシュマエルへの復讐だった…。

 殺し屋が徐々に記憶を取り戻していくという設定からして、どこか『ボーン』シリーズ等、ハリウッドのスパイ映画を思わせるが、そこはインドネシア映画、スパイ映画のようなオシャレスマートな展開ではなく、泥臭く、痛々しいアクションの波状攻撃という感じで、この辺は、まんま『ザ・レイド』だった。ただ、『ザ・レイド』のような閉塞感はなく、少しオープンな感じに垢抜け(?)している(笑)。



 人間をピストルで撃つのではなく、マシンガンで撃つような悪趣味な過剰演出や、『ザ・レイド』でも有ったナイフで顔を串刺しにする痛々しい演出などは、リアルなバイオレンス映画好きにはウケそうだが、普通の人が観ると、少し引いてしまうかも。過激さという意味では、ある意味、ホラーアクションとも呼べそうな映画だったが、内容的には少し単純過ぎる映画とも言える。単純と言ってもR15作品なので、少年と大人を除いた(血の気の多い)青年向けですかね(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

土竜の唄 香港狂騒曲 [DVD評価]

MOGURAnoUTA2.png

MOVIE評価(40点)

出演:生田斗真、瑛太、堤 真一、本田 翼、仲 里依紗、上地雄輔、古田新太、菜々緒、吹越 満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一
監督:三池崇史
本編:129分
2016年(日本)

【ナンセンスなハチャメチャ極道コメディ2】

 『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の続編。



 あまり気が乗らなかったものの、人気の高さと前作を観た縁もあってレンタルしてみた。しかし、案の定、ほとんど時間の無駄とさえ思える2時間だった(笑)。

 監督の三池崇史氏は、もともと、ナンセンス映画を得意としていた監督なので、本作のようなド派手なナンセンス映画には向いているのだろうけれど、世間一般の普通の人には、このセンスはなかなか理解できないものがある。これが笑えるという人も多いそうだが、個人的には「寒い」ギャグとしか思えなかった(笑)。
 エネルギーだけは圧倒的だが、ベタベタな演出と荒唐無稽でふざけたストーリー展開、笑いのツボを敢えて外しまくったかのような空気の読めないお寒いギャグ、普通に観ると「金返せ!」のレベルでしかないと思えるのだが、そこはカリスマの三池監督作品、内容が有る無いに関係なく、支持するファンは一定数存在するので、興行的には大成功。ある意味、ダウンタウンの松っちゃんの作品と通じるものがある(笑)。

 この調子だとパート3も製作されそうだが、さすがに「3」はレビューしないかも(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロスト・エモーション [DVD評価]

LOST EMOTION.png

MOVIE評価(45点)

出演:ニコラス・ホルト、クリステン・スチュワート、ガイ・ピアース、ジャッキー・ウィーヴァー
監督:ドレイク・ドレマス
本編:102分
2015年(アメリカ

【感情が無いだけに緩急も無い映画

 リドリー・スコット製作のSFサスペンス

 近未来、世界戦争によって人類の99.6%が死に絶えた。生き残った人々は「人間の感情こそが人類を滅亡させる」との理由から、遺伝子操作によって人間の感情を無くすことにしたのだった。感情の無い人間が共同で暮らすユートピア、そこは「イコールズ」と呼ばれた。「イコールズ」は感情を持つ病(SOS)を発症した人間は安楽死させられるという恐怖のディストピアだった…。

 感情の無い世界を描いているだけあって、映像は静かで透明感があり美しい。ニコラス・ホルトとクリステン・スチュワートという少しクセのある美男美女がカップル役を演じており、微妙に美しい(笑)。

 しかし、遺伝子操作で感情を無くすという発想は無理筋というか、チープというか…。この映画で描かれている「恋」という感情は遺伝子とはあまり繋がりがないと思われるのだが…。
 まあSF映画なので、そこは妄想と割り切って観たとしても、ストーリー的にも感情と同様に緩急が無く、エンタメ性はほとんど皆無だった。
 本作はある種の駆け落ちを描いたSFラブロマンスであり、サスペンス映画でもなければSFアクションでもSFスリラーでもないので、かなり退屈する映画だった。

 このてのディストピア系のSF映画は数多いが、よく似た映画に『リベリオン』や『ギヴァー』がある。どちらも大戦後に感情を持つことを禁じられた世界を描いた映画だが、本作を観て退屈した(感情を無くした)人は、緩急のあるこの2作品で口直しする(感情を取り戻す)ことをオススメしたい(笑)。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

リメインダー 失われし記憶の破片 [DVD評価]

REMAINDER.png

MOVIE評価(40点)

出演:トム・スターリッジ、クシュ・ジャンボ、エド・スペリーアス、ダニー・ウェッブ、ニコラス・ファレル
監督:オマー・ファスト
本編:103分
2016年(イギリスドイツ

【未体験ゾーンの意味不明作品】

 イギリスの作家トム・K・マッカーシーのベストセラー小説『もう一度』を実写映画化。「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映された作品でもある。

 突然の事故で重傷を負い、記憶を失ってしまった主人公は、微かな記憶を頼りに多額の保険金(10億円以上)を利用して失われた記憶を取り戻すべく、事故に遭遇するまでの再現ドラマを制作していく。

 失われた記憶をテーマとしたミステリー調のスリラーという趣きだが、残念ながら予想外に面白くなかった。冒頭の事故シーンはビックリ(?!)したが、その後は淡々とストーリーが進んでいく。再現ドラマを制作するというアイデアは良いとしても、あまりにもマニアック過ぎて興醒めするというか、だから何なんだ?という感じ(笑)。もの凄く複雑なドラマのようで、実は大したことのない思い付きムービーという感じですかね。
 ラストのオチは「ループオチ」か「夢オチ」かもよく判らなかった。結局、観る側のイマジネーションをかき立てる系のスリラーであって、内容自体が有ったとは思えなかった。このての妄想映画が好きな人には向いているかも(笑)。

 なお、本作は『ゲオ先行レンタル』です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

デス・レース2050 [DVD評価]

DeathRace2050.png

MOVIE評価(40点)

出演:マヌー・ベネット、マルコム・マクダウェル、マーシー・ミラー、アネッサ・ラムジー、バート・グリンステッド
監督:ロジャー・コーマン
本編:93分
2016年(アメリカ

【コーマン流のお下劣『マッド・マックス』】

 B級映画の帝王ロジャー・コーマン監督の『デス・レース2000年』を同じくロジャー・コーマン監督がリブート。主演は『スパルタカス』シリーズのマヌー・ベネット。

 

 『デス・レース』は2008年にもジェイソン・ステイサム主演でリメイクされ、続編はルーク・ゴスが主演となり『デス・レース2』、『デス・レース3』と製作された。

  

 オリジナル作は観ていなかったが、新シリーズ3部作はなかなか面白いアクション映画だったので、いっちょうコーマン印のリブート作でも観てみるか…と意気込んだのも束の間、実際に観てみると「なんだこれ?!」だった(笑)。
 完全にイカレたムービーという感じで、悪趣味全開のナンセンスお下劣ムービーだった。失業率99.9%以上のモラルが崩壊したアメリカ社会を皮肉った映画なので、これはこれで仕方が無いのかもしれないが…。

 カルト的な人気を誇るロジャー・コーマン作品なので、ストーリーが無茶苦茶でも人気は高い。レンタルショップでもブルーレイディスクが置かれている(笑)。こんなカルトムービーを多数入荷するなら、『デアデビル2』とか『12モンキーズ』のレンタル本数を増やして欲しい。最近、ゲオでは海外ドラマの入荷本数を減らしたのか、人気海外ドラマでも各1本ずつしか入荷されていなかった。嗚呼…。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

GOTHAM/ゴッサム〈セカンド・シーズン〉 [DVD評価]

GOTHAM2.png

MOVIE評価(70点)

出演:ベン・マッケンジー、ドナル・ローグ、デヴィッド・マズーズ、キャムレン・ビコンドヴァ、モリーナ・バッカリン、ショーン・パートウィー、ロビン・ロード・テイラー、コーリー・マイケル・スミス、ドリュー・パウエル、ジェームズ・フレイン、ジェシカ・ルーカス、エリン・リチャーズ、ジェイダ・ピンケット=スミス
監督:ブルーノ・ヘラー
本編:961分
2016年(アメリカ

【『デアデビル』の対抗馬】

 『GOTHAM/ゴッサム』の続編(全22話)。



 アメリカではサード・シーズンが放送終了したところだが、ようやくセカンド・シーズンを見終えた。同じくDCドラマの『アロー』は途中棄権しただけに、本作も途中棄権になるかな…と思って観始めたが、その心配は杞憂だった。後半に行くに連れて徐々にトーンアップしていき、明らかにファースト・シーズンよりは面白くなっていた。22話もあると、マンネリ感が漂いそうだが、非常にバランスよく創られているなあというのが正直な感想だった。まあ少々グロいですが(笑)。

 ベン・マッケンジー演じるジェームズ・ゴードンもファースト・シーズンの始めの頃に戻ったようでシブい。ブルース・ウェイン、キャット、ペンギン、その他の悪役もキャラが立っており、安心して観ることができる。そして、あの女性キャラも掟破りの復活を遂げて、さらに盛り上がりそうな展開でサード・シーズンへ。

 『アロー』や『フラッシュ』のような軽さや緩さがないのも良かった。マーベルの『デアデビル』と双璧をなすダークなシリアス系ドラマとして今後の展開に期待したい。



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

新宿スワンII [DVD評価]

SINJYUKU SWAN2.png

MOVIE評価(55点)

出演:綾野 剛、広瀬アリス、浅野忠信、深水元基、伊勢谷友介、金子ノブアキ、山田 優、要 潤、中野英雄、上地雄輔、高橋メアリージュン、中野裕太、吉田鋼太郎、豊原功補、椎名桔平、笹野高史
監督:園 子温
本編:133分
2016年(日本)

【予定調和なヤクザ映画

 『新宿スワン』の続編。



 前作は新宿歌舞伎町を舞台にしたスカウトマン(ポン引き)のチョイ悪青春サクセス物語という趣きだったが、本作は、半分程度はヤクザ映画という感じで、終始、殴り合いの喧嘩を観ているような阿修羅ムービー(※1)だった。ストーリーも演出も、どこかで観たような既視感があり、真新しさはほとんど感じられなかった。一言で言うなら、「豪華スター共演のVシネマ」という感じですかね(笑)。

 (※1)阿修羅ムービー・・・闘争と破壊の修羅の世界を描いたムービーの意

 基本的に超ベタな1本調子の予定調和ムービーなので、豪華キャストの紙芝居ムービー(※2)として観るのが正しい見方かもしれない。要は「暇つぶし」ということ(笑)。

 (※2)紙芝居ムービー・・・子供向けの単純な映画の意

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ