So-net無料ブログ作成

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [映画評価]

CivilWar.png

MOVIE評価(70点)

出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、ポール・ラッド、ティ・チャラ、ドン・チードル、エミリー・ヴァンキャンプ、ピーター・パーカー、マーティン・フリーマン
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
時間:147分
2016年(アメリカ)

【ハルクのいないアベンジャーズなんて…】

 『アベンジャーズ』シリーズのスピンオフドラマと言うべきか、『キャプテン・アメリカ3』と言うべきか、あるいは『アベンジャーズ3』と言うべきか、いろいろと迷ってしまうアクション超大作。

 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が面白い映画だったこともあり、同じ監督作だということで期待して映画館に足を運んできた。
 ストーリー的には前作同様、陰謀ものという感じで、スパイ映画のような逃亡劇も盛り込まれ、生身のアクション映画としては上々の出来映えになっていた。ただ、前作ほどシビアなドラマではなく、スパイダーマンやアントマンが加わったこともあり、ド派手なアクションの中にもユルい系のユーモアを混ぜ合わせたようなチャンコ鍋のような映画だった。

 アベンジャーズのメンバーが半々に分かれて仲間内で戦うという設定は、出来レースと言うべきか、八百長と言うべきか、あるいは茶番劇と言うべきか、いろいろと考えてしまう映画だった(笑)。
 ソーとハルクという超人的な力を持つキャラクターは都合よく除外され、ポール・ベタニー演じるヴィジョンも審判役という感じだった。要するに、等身大のヒーローでしか成り立たない映画であり、ソーとハルクの代わりにスパイダーマンとアントマンが加わったという感じだろうか(笑)。

 冗談はこの辺にして、はっきりと言うと、結構、評価が分かれる映画だと思う。ラストにウィンターソルジャー5人との戦いが有ると思っていたのだが、これも無かったし、あれだけド派手な戦いなら怪我人が出て当然ながら、実際に怪我人が出ればプロレスのように戦いが中止になってしまうしで、いろんな意味で中途半端な感じがするのは否めない。前作は中途半端感の無い1本筋の通った硬派な映画だったので評価できたが、本作は少々軟派な映画になった気がした。それに、やっぱりアベンジャーズにはハルクがいないと締まりがない(笑)。

 上映後、間もなくの間は「サクラ」のレビューで賑わい異常な高評価となるのかもしれないが、おそらく最終的には前作の評価を超えることはできないのではないかと思う。今作は子供向けですかね(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

死の臓器 [DVD評価]

SInoZOUKI.png

MOVIE評価(70点)

出演:小泉孝太郎、豊原功補、小西真奈美、大高洋夫、小木茂光、柴 俊夫、新妻聖子、川野直輝、武田鉄矢
監督:佐藤祐市
時間:249分
2015年(日本)

【医療の知られざる盲点を描いた骨太サスペンス】

 麻野 涼の同名サスペンス小説『死の臓器』をWOWOWが実写ドラマ化。

 本作は、腎臓移植をテーマにした医療系のサスペンスドラマであり、WOWOWらしい骨太なドラマだった。“医療の闇”と“マスコミの闇”をダブルで描いているところがミソと言えるだろうか。

 このドラマを観て「レストア腎移植」というものがあることを初めて知った。「レストア腎移植」とは「病気腎移植」とも呼ばれ、ガン等の病で摘出した腎臓を臓器移植用として再利用するという苦肉の策的な腎移植を意味する。しかし、リスクが有るため、法的にもいろいろと問題があるらしい。

 「人工透析」と「臓器移植」を天秤にかければ、前者の方が儲かるというような医療の裏情報(?)も台詞に盛り込まれ、民放では放送できないような骨太な社会派ドラマに仕上がっている。

 サスペンスドラマとしては月並みだが、医療ドラマとしては『ドクターX』よりも面白いと思う(笑)。

 WOWOWらしく、本作も「TSUTAYAだけ!」です(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

グリーン・インフェルノ [DVD評価]

GREEN INFERNO.png

MOVIE評価(20点)

出演:ロレンツァ・イッツォ、アリエル・レビ、カービー・ブリス・ブラントン、マグダ・アパノヴィッチ
監督:イーライ・ロス
時間:101分
2013年(アメリカ・チリ)

【悪趣味全開のグロムービー】

 『ホステル』等で知られる悪趣味映画の帝王イーライ・ロスが製作した食人ホラー。1983年に日本でも公開され大ヒットしたホラー映画『食人族』をモチーフにしている。

 さすがにこの映画は観るべきかどうか迷ったものの、恐いもの見たさとレビューを書きたい欲(?)に負けて観ることになってしまった(苦笑)。

 個人的にはストーリー性のないグロムービーは好きではないので、観てもレビューしないことがある。何年か前に『ムカデ人間』というグロムービーが話題となったので観てみたが、あまりにも胸糞悪い映画だったのでレビューできず、続編の『ムカデ人間2』も『ムカデ人間3』も観ていない。恐いもの見たさも限度を超えると観れなくなる。

 イーライ・ロス監督は、悪趣味で有名になったような個性派監督なので、正直あまり好きではない。悪趣味と言えば、アレクサンドル・アジャ監督も有名だが、まだアジャ監督の作品は屈折しながらもエンタメとしての要素は維持しているので救いがある。例えば、『ピラニア3D』など。最近では『ホーンズ』というまともな映画も製作していたので、グロ映画オンリーのイーライ・ロスとは明らかに違う。

 で、本作『グリーン・インフェルノ』だが、いつもは自作品に出演しているイーライ・ロスの姿がない。しかし、代わりにイーライ・ロス監督の実の妻がヒロイン役で出演している(笑)。
 まあ、それは御愛嬌としても、内容的には、グロに耐性のない人には絶対にススメられない酷い映画だった。フィクションとして割り切って観れる人でも、これはキツイかもしれない。恐いもの見たさで母子揃って観るような真似は絶対にしてはいけない。まあ、18禁映画なので、そんな心配はないでしょうけれど(笑)。

 聞くところによると、イーライ・ロス監督の次回作は本作の続編だそうだが、こんな胸糞悪い映画はもうごめんだ。続編のレビューはしませんので(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

エベレスト [DVD評価]

EVEREST.png

MOVIE評価(65点)

出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジェイク・ギレンホール、サム・ワーシントン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、キーラ・ナイトレイ、森 尚子
監督:バルタザール・コルマウクル
時間:121分
2015年(アメリカ・イギリス)

【情に流されると足元をすくわれる】

 1996年に起こったエベレスト山の遭難事故(通称:1996年のエベレスト大量遭難)を豪華スターを起用して描いた実話ドラマ。

 これまでのフィクションとしての登山映画は、エベレストに登ることの難しさを描いたものが多かったが、本作の場合、登頂することの難しさを描いたドラマではなく、下山することの難しさを描いたドラマだった。
 考えてみると、山登りはマラソンと同じで往復して初めてゴールと言える。登頂すればヘリコプターで迎えに来るわけではなく、そこからまた同じ道を歩いて戻らなければならない。登頂したからといって、そこで安心して燃え尽きてしまうわけにはいかず、常に帰り道のスタミナ等も計算した上での登頂でなければならない。

 本作は実話だけあって、エンタメ性は乏しいがリアルなドラマだった。頂上に登ることだけが自己目的化してしまい、後先考えずに情に流されると足元をすくわれることになるという厳しい現実を描いている。これは山登りだけでなく、人生の全てにも当て嵌まるのかもしれない。目標が達成しても有頂天になってはいけないという意味では、ブロガーにも当て嵌まるかもしれない(笑)。1000記事程度では、まだターニングポイント(折り返し地点)にも到達していませんが(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブログ記事が1000本を超えると… [コラム]

1000review.png

 昔、「ブログ記事は1000本を超えると1人前」とか、「ブログ記事数はブログアクセス数と無関係」というようなことを言って(書いて)いる人がいましたが、当ブログもお蔭さまで1000記事を超えました。
 ということで、先の2つの言葉は本当なのか?ということを体験談として述べさせていただくと、前者は嘘で、後者は本当でした(笑)。
 1000本の記事を書いたからといって、ブロガーとして1人前になったという自覚は全くありませんし、アクセス数も特段にアップするわけでもありません。

 映画のレビューブログは、映画を観るのが趣味の人なら誰にでも運営できる比較的簡単なブログだと思います。映画のDVDは観るのが追い付かないぐらいに日々、新作が発売されますので、ネタ切れになる心配はまずありません。1本の映画のレビュー記事を書くのにかかるコストはレンタル料金(100円〜300円程度)のみなので、経済的にも敷居の低い部類に入るのだろうと思います。もっとも、映画を観る時間やブログを書く時間もコストと考えれば、1本のレビュー記事のコストは数千円に跳ね上がりますが(笑)。

 ただ、映画ブログでお金儲けを考えている人がいるなら、それは難しいと思います。1つの映画レビューを書くことで、そのレンタル代が回収できれば…というような淡い期待を思い描いている人がいるかもしれませんが、それすら難しいと思います(笑)。

 レンタルやVOD(ビデオ・オン・デマンド)が流行りつつある現代で、映画のDVDを購入して観るような人は、残念ながらごく少数だと思われますので、映画ブログはアフィリエイトとしては非常に効率の悪い部類に入ります。参入するのは簡単だが、お金儲けは期待できない。だから、本当に映画が好きな人でない限り、長くは続かないと思います。

 「好きこそ物の上手なり」とはよく言ったものですが、ブログ運営は、まさにその言葉の通りだと思います。ブログを書き始めた当初は正直、「100記事でも書ければ良い方かな…」と思っていましたが、「案ずるより産むが易し」という諺の通り、実際にやり始めると、あっという間に1000記事に到達しました。1000記事書くのに8年かかりましたが、1日に1本書いても約3年かかります。毎日1本のレビューを書くことが理想ですが、そうなると仕事が等閑(なおざり)になってしまいますので、億万長者にでもならない限り、当分は無理です(笑)。

 なにはともあれ、気軽な気持ちで淡々と次の目標となる2000記事を目指そうと思います。今日『エベレスト』という映画を観る予定ですが、登山と同じで、まだまだ先は長くなりそうです。
 当ブログ読者におかれましては、今後とも末永くお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

煙霞 −Gold Rush− [DVD評価]

ENKA.png

MOVIE評価(65点)

出演:森山未來、高畑充希、中村ゆり、木下ほうか、尾上寛之、木村祐一、桂 文珍
監督:小林聖太郎
時間:208分
2015年(日本)

【祝! 1000レビュー突破】

 黒川博行の同名小説『煙霞(えんか)』をWOWOWが実写ドラマ化。

 著者が子供の頃から大阪に住んでいるということもあってか、ドラマの舞台も大阪で、大阪弁をしゃべれるキャストが起用されている。高畑充希も木下ほうかも大阪出身とは知らなかった。

 副題が「ゴールド・ラッシュ」というぐらいだから、悪党が主役のピカレスクロマンかと思いきや、実際はユルい系のコンゲームドラマだった。骨太なドラマが多いWOWOWにしては、このての民放のようなドラマは珍しい。
 大阪が舞台のせいもあるのか、ドラマ自体も超ユルめで、ある意味、フランス映画のようなノリだった(笑)。主役の森山未來も高畑充希も、ほんわかなムードだが、桂 文珍も負けていない。

 ラストにかけて二転三転するところが本ドラマの見所だが、このほんわかぶりでバッドエンドは有り得ないので、当然、ハッピーエンド。お気楽なユルい系ドラマと言うよりも、ケセラセラムービーと言ったところだろうか(笑)。

 なお、本作も「TSUTAYA先行レンタル」…ではなくて、「TSUTAYAだけ!」です(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナイトクローラー [DVD評価]

NIGHTCRAWLER.png

MOVIE評価(70点)

出演:ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン
監督:ダン・ギルロイ
時間:118分
2014年(アメリカ)

【ジェイク・ギレンホールのギョロ目がコワい】

 1人のパパラッチの誕生を描いたクライム・スリラー。脚本家として有名なダン・ギルロイの初監督作でもある(もちろん脚本も担当)。主演は『プリズナーズ』の演技派ジェイク・ギレンホール。

 ジェイク・ギレンホールは、このてのキレた演技が実によく似合う。ジム・キャリー並みのギョロ目が印象的だが、目鼻立ちがハッキリし過ぎていることも手伝い、表情がより豊かに見える。早い話、典型的な“役者顔”ということなのだろう(笑)。

 この映画は一見すると、パパラッチの狂気とゲスっぷりを描いた作品に見えるが、実は、パパラッチを通してアメリカのビジネス社会の負の一面を描いており、その暗喩に気付けるかどうかが評価の分かれ目となる。(単純な暗喩なので、多くの人が気付くと思う)
 傍から見ればサイコホラーなのだが、当人からするとサクセスストーリーになっているという皮肉をシンプルかつストレートに描いている。

 有名人のゴシップ記事ばかり追いかけている日本のマスコミ人にも観て(反省して)ほしいと思える映画だった。

 なお、本作も「TSUTAYA先行レンタル」です。久々の3連チャン(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ギヴァー 記憶を注ぐ者 [DVD評価]

GIVER.png

MOVIE評価(70点)

出演:ブレントン・スウェイツ、ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ、アレクサンダー・スカルスゲルド、ケイティ・ホームズ、テイラー・スウィフト、オデイア・ラッシュ
監督:フィリップ・ノイス
時間:97分
2014年(アメリカ)

【ユートピアはディストピア】

 全世界で1000万部を突破したロイス・ローリーのベストセラーSF小説『ザ・ギバー 記憶を伝える者』を『ソルト』のフィリップ・ノイス監督が実写映画化。

 近未来、人々は「コミュニティー」という理想社会で生活しており、その社会では、平和で争いが無い完全な平等社会が実現していた。しかし、その管理社会で生きる人々は、薬によって色彩が分からなくなっており(=肌の色の違いによる差別を無くすため)、薬によって感情もコントロールされていたのだった。

 近未来のSF映画としては、アイデアも良く、映像も美しく、なかなか見応えのある映画だった。このての共産主義社会(ディストピア)の矛盾を描いたシニカルな映画は数多いが、本作はなかなかリアルな設定で面白い。この映画も中国等では間違いなく上映禁止になる部類の映画だと思う(笑)。

 この映画ではジェフ・ブリッジスの役名が「ギヴァー」なので、主役はジェフ・ブリッジスということになっているが、実質的な主人公はブレントン・スウェイツだった。『ガンズ&ゴールド』(この作品でも脇役扱いされていた)に出演していた若手の俳優だが、なぜか本作の方が若く見えた。本作のような争いの無い世界だと顔の険しさも無くなり若く見えるのかもしれない(笑)。

 ラストは少々物足りなかったが、トータル的に見れば良作の部類に入る映画だと思う。

 なお、本作も「TSUTAYA先行レンタル」です(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ピエロがお前を嘲笑う [DVD評価]

PIEROgaOMAEwoAZAWARAU.png

MOVIE評価(55点)

出演:トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォーダン・ヴィルケ・メーリング、アントニオ・モノー・Jr、ハンナー・ヘルツシュプルンク
監督:バラン・ボー・オダー
時間:106分
2014年(ドイツ)

【ドイツ映画があなたを嘲笑う】

 既にハリウッドでリメイクが決定したドイツ製のクライムスリラー。

 『ピエロがお前を嘲笑う』というのが正式な邦題だそうだが、ドイツ製のマイナーな映画なせいか、『Who am I』というオリジナルの題名でも出回っているようなのでややこしい。『WHO AM I?』というジャッキー・チェンの映画があるので、急遽、タイトルを変えたのかもしれないが(笑)。

 内容的には流行りのドンデン返し系スリラーだったが、斬新と言えば斬新、平凡と言えば平凡な、どこかで観たことがありそうなスリラーだった。
 少々ネタバレになってしまうが、レンタルリリース直後の最新作というわけでもないので構わずに書いてみると、『アイデンティティー』や『ユージュアル・サスペクツ』や『ファイト・クラブ』…と書けば、スリラー映画通の人なら大体どんな映画か想像が付くと思う。

 このてのスリラー映画を初めて観る人にはウケるかもしれないが、スリラー大好き人間のような人が観ると、少々見飽きた感がするかもしれない。「あ〜、またこのパターンか…」と(笑)。

 ちなみに本作は『TSUTAYA』先行レンタルです。最近は『TSUTAYA』だけ!から『TSUTAYA』先行レンタルに変わりつつあるみたいです(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜 [DVD評価]

SINGARI.png

MOVIE評価(55点)

出演:江口洋介、萩原聖人、林 遣都、真飛 聖、佐藤B作、矢島健一、勝村政信、三浦誠己、光石 研、平田 満、田中 健、佐野史郎、岸部一徳
監督:若松節朗、村谷嘉則
時間:363分
2015年(日本)

【あくまでもヒューマンドラマ】

 1997年に自主廃業となり世間を騒がせた山一證券を描いた清武英利による同名ノンフィクション小説『しんがり』をWOWOWが実写ドラマ化。主演は『天空の蜂』の江口洋介。

 WOWOWお得意の重厚なサスペンスドラマを期待したのだが、本作はサスペンスドラマではなく、ノンフィクションのヒューマンドラマだった(笑)。
 では、ヒューマンドラマとしては面白かったのかと言うと、微妙な感じだった。捻りの効いたドラマが主流になりつつある現代では、異端とも言えるほどにストレートなドラマだった。それが良いという人もいるのだろうけれど、あまりにもベタなドラマで、さすがに20年前を描いたドラマだと、ある意味で感心した。当時の空気をそのまま映像化したという意味では力作だと思う。平田 満を起用して当時の山一證券社長の有名な謝罪シーンもそのまま再現しており、このドラマにかける意気込みは感じられる。ラストもベタベタな演出ながら感動的だ。

 ただ、エンタメ性が乏しいことは否めず、ドラマ全体としては単調で、池井戸 潤ドラマのようなドラマチックな展開を期待すると肩透かしを喰らうことになる。本作は、あくまでもノンフィクションドラマであり、ドキュメンタリータッチのヒューマンドラマとして観るべきドラマだと言える。
 歴史の1ページに隠された陰の部分を知りたい人には傑作と成り得ても、エンタメ性を追求する人にはあまり向いていないドラマだと思う。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画