So-net無料ブログ作成

エンド・オブ・トンネル [DVD評価]

END of TUNNEL.png

MOVIE評価(70点)

出演:レオナルド・スバラーリャ、クララ・ラゴ、パブロ・エチャリ、フェデリコ・ルッピ、ワルテル・ドナード、ハビエル・ゴディーノ
監督:ロドリゴ・グランデ
本編:120分
2016年(アルゼンチン・スペイン)

【予想の斜め上をいくB級映画】

 「未体験ゾーンの映画たち2017」に選ばれたスペイン製のクライム・サスペンス。主演は『人生スイッチ』のレオナルド・スバラーリャ。



 交通事故で妻子を失い、車椅子生活を余儀なくされた孤独な男ホアキン。自宅に引きこもり、生活費が底を付きかけたホアキンは自宅の2階を賃貸用として募集していた。そんなある日、突然、「間借りしたい」というストリッパーの女性が娘を連れて訪れる。
 いつしか2人の姿に、失った妻子を重ね合わせるホアキンだったが、何日か後に、地下室の壁の向こうから話し声がすることに気が付く。その声の男達は、地下からトンネルを掘って銀行強盗を計画している悪党達だった…。

 またスペイン製のB級映画かな…と、あまり期待せずに観てみたが、意外や意外、これがなかなか面白い映画だった。犯罪者のウラをかく設定と、先が読めそうで読めない展開は、まさに「未体験ゾーンの映画」であり、予想の斜め上をいくB級映画と言ったところだろうか(笑)。

 しかし、よく考えると、主人公ホアキンが、車椅子(足が不自由)である必要性はあまり感じられなかった(車椅子だからといって疑われないというシチュエーションではなかったため)が、そこはスペイン映画の御愛嬌ということで(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0